口コミで評判の人工芝の施工業者をおすすめ比較5選でご紹介!【お庭のリフォームやグラウンドの施工にも人気の専門店・会社】

人工芝を設置するメリットとデメリットは?

公開日:2019/03/15  最終更新日:2019/04/24

人工の芝を利用しようと検討しているならばそのメリット・デメリットについて十分に理解しておきましょう。人工の芝は天然の芝と比べてかなり違いがあります。

例えば、人工芝はかなり手入れが簡単といった利点があるのです。ここではそんな人工芝について詳しく見ていきます。

 

人工の芝の特徴を知る

人工の芝のメリットをまず紹介しておきましょう。まず、人工の芝はかなり手入れが簡単であり全くそれまでに芝生を導入したことがない場合でも簡単に手入れできます。このため、人工の芝は芝生初心者という人におすすめです。

もちろん、それまでに天然の芝を導入したけれども虫などにやられて結局はだめになってしまったという人にもおすすめです。人工の芝であれば導入してしまえば後は水やりの心配もありませんし、ほとんどすることがありません。

とはいえ、全くすることがないかというとそうでもありません。例えば、芝生も寿命があり人工の芝も数年に一回は取り換える必要があります。これは業者に依頼できるのでそこまで手間ではないでしょう。

また、人工の芝は壊れたりすると天然の芝と違って勝手に元通りになることがありません。そのため、日に焼けて変色したりしたような場合にはその都度交換が求められることもあります。

他にも、人工の芝もいつも同じところを歩いているとかなり目に見えてそのことがわかることがあります。これによって修理が必要となることもあるのです。

また、人工の芝は虫と無縁と思われがちですが、逆に人工の芝は虫の良い住処になることがあります。人工の芝に雑草がかなり生えてくることも。だからこそ殺虫剤などで対処する必要性もでてきます。このようなことからこれから人工の芝を取り入れる際には必ずしも手入れフリーというわけではありません。

他の特徴として、人工の芝はコストもより安くなることも利点です。人工の芝は導入した際の費用も安いですし、ランニングコストもより安いです。どのくらい安くなるかはケース・バイ・ケースですが、人工の芝は天然の芝の半額以下にまでコストもより下がることがあります。

これによって更に多くの人工の芝を導入することができることもあるでしょう。もしもコストを再重視するといった場合には是非とも人工の芝を取り入れておきたいところでしょう。更に人工の芝は年中同じ品質が保てます。人工の芝はいつも同じ色合いなので冬などであっても青々しいです。

逆に天然の芝は冬などになると枯れることもありますし、色合いも変わります。だからこそ常に家を同じ状態にしたいといった場合には是非とも人工の芝を利用したほうが良いでしょう。

人工の芝は自分で設置もしやすいことも利点です。人工の芝によっては簡単に取り付けられるものもあります。逆に通常の芝だとそんなに簡単にできません。

更に人工の芝はどんなところであっても用いることができます。通常の芝生はかなり植えるところを選びますし、日が当たらないと全く育たなくて枯れるといったことも。だからこそ人口の芝生を利用しておきたいところです。

特に寒冷地の場合には人工の芝生しか利用できないこともあります。こうした地域ではやはり人工の芝生が役だつもので、冬場も霜の影響などを気にせずに利用できるのです。このようにメリットが多いのが人工の芝生です。だからこそこれから芝生を取り入れる際には検討しておきたいものでしょう。扱っている業者も多くてかなり簡単に依頼することもできます。

 

人工の芝ならではのデメリット

人工の芝生を取り入れる際には注意しておきたいこともあります。例えば、人工の芝生は飽きが早いと言われるものです。

常に同じ色、同じ感触なので見ていてげんなりするという人も。これはかなり人によって分かれるものですが、人工の芝生は確かに育てる楽しみなどもありません。だからこそもしも手入れ好きという人や季節感を楽しみたい場合には人工の芝生ではなく通常の芝生のほうが良いこともあります。

他に人工の芝生はそこまで弾力性などもないこともあり転ぶとかなり痛いかもしれません。通常の芝生であれば転んでも芝生がクッション代わりになるのでそこまで問題ありません。他にも人工の芝生でサッカーなどをすることも難しいです。だからこそ「芝生の上でサッカーなどをしたい」といったような場合にはやはり通常の芝生のほうがよいことがあります。

とはいえ、人工の芝生にもいろいろあるのでプレイグラウンドに向いたものもあります。だからこそ商品選びをしっかりしておきたいところでしょう。

人工の芝生は丈夫なもののやはり日焼けなどを起こしたりあまりにも踏まれて折れ曲がったりすることがあります。そのため定期的に取り替える必要性もあるでしょう。

一方、通常の芝生であれば勝手に再生するのでこうした心配も少なくなっています。取り換えの手間を少なくしたいならば天然の芝のほうがおすすめです。

また、通常の芝生であれば風に揺れるさまなどを楽しめますが、人工の芝生は虫なども発生せず、全く無機質な印象を与えることもあるでしょう。このようなことから人工の芝生を取り入れたけれども後で通常の芝生に切り替えるといった人も多くなっています。

こうしたミスマッチを防ぐためにもまずは店頭で実際に人工の芝生を見てみると良いでしょう。こうすることで本当に人工の芝生が合っているのかどうかがわかってきますし、それだけ後悔することもなく選んでいくことができるようになってきます。

 

更に注意しておきたいポイント

人工の芝生は上記のようなメリットとデメリットがありますが、人工の芝生をまずは試験的に取り入れるのも良いでしょう。テスト期間を設けているような人工の芝生業者もけっこうあります。

こうした業者を利用してまずは自分で人工の芝生の使い心地を確かめると良いでしょう。こうすることで実際に人工の芝生のメリットも実感できるようになってきます。

また、人工の芝生と通常の芝生をどちらも取り入れるのもありです。こうすることでどちらが自分にあっているのかがわかります。

一年たってより気に入ったほうを本格的に取り入れるというのも良いでしょう。更に業者によっては両方扱っているところ、片方しか扱っていないところといったように違いがあります。

地域によってはどちらかしか利用できないなんてこともありますし、だからこそまずは地域でどの芝生が使えるのかについてもチェックしておきたいところです。特に北海道などの地域では芝生を利用するのが難しいといったこともあるのでこうした下調べは大事になってきます。

 

人工の芝生にはいろいろなメリットやデメリットがあります。例えば、人工の芝生はかなりランニングコストなどが安いことが利点でしょう。このため、コストを下げたい場合には人工の芝生がかなり向いています。

他にも人工の芝生は管理もかなり簡単であり特にすることがありません。逆に人工の芝生は無機質であまり楽しみがないということもありますし、人工の芝生は交換が必要になることもあります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧