口コミで評判の人工芝の施工業者をおすすめ比較12選でご紹介!【お庭のリフォームはもちろんオフィスにも人気!人工芝施工専門会社をまとめてみました】

ロングパイル人工芝とは?特徴や具体的な施工方法について解説!

公開日:2022/05/15  最終更新日:2022/06/06


人工芝に興味をもっている方の中でも、その種類や特徴について詳しく知っているという方は少ないのではないでしょうか。「ショートパイル人工芝とロングパイル人工芝は、どんな違いがあるものなんだろう?」と疑問をおもちの方に向けて、今回はプロスポーツ向けに追求されている、ロングパイル人工芝の特徴をご説明して参ります。

ロングパイル人工芝とは?

まずは、ロングパイル人工芝がどのようなものなのかについてからみていくことにしましょう。人工芝には、大きく分けて3つの種類が存在します。砂入り人工芝、ショートパイル人工芝、そしてロングパイル人工芝の3つです。

ロングパイル人工芝は中でも、丈が5cmから7cmと長いものを指します。隙間には充填剤が埋め込まれているのが特徴です。クッション性が高く、怪我の防止にも効果的であることから、主にスポーツ用のコートなどで使用されています。サッカーやフットサルをやる方なら、目にすることがあるでしょう。一般的な家庭に施工されることはほとんどありません。スポーツをしている方が本格的な練習スペースを作りたいという場合でも、自宅であればショートパイル人工芝を採用することが多いです。

ただし、ホームセンターやネットなどでは、4cmほどの丈の人工芝のことをロングパイル人工芝ということもあります。そのため、DIYなどで人工芝を手に入れるときには名称よりも、丈の長さに注目すべきでしょう。因みに2cmから4cmの丈であればショートパイル人工芝に分類されます。ショートパイル人工芝は一般的にもよく使われている種類で、庭や屋上、テラスなどさまざまな場所への施工が可能です。3種類の中では最もコストが低く抑えられる点も魅力となっています。

ロングパイル人工芝の特徴を知ろう

次に、ロングパイル人工芝の特徴について確認しておくことにしましょう。前述したとおり、ロングパイル人工芝はクッション性に優れます。激しい動きのあるスポーツをするときでも比較的怪我をしにくいのは、ロングパイル人工芝の大きな強みであるといえるでしょう。これらは充填剤を埋め込むためですが、それによって芝自体の耐久性も大変高くなっていることも見逃せません。

見た目や質感が天然芝に近いというのも特徴的です。ロングパイル人工芝はしっかりと立ち上がる構造であり、柔らかな踏み心地まで備えています。緑が美しい人工芝を長期にわたって活用できるのも、メリットのひとつといえるでしょう。

ただし、ロングパイル人工芝には導入コストが高いという特徴もあります。そのものの費用だけでなく、充填剤を敷き詰めたり大掛かりな工事をしたりする費用も必要になるためです。その分、施工期間も長くなる傾向にあります。

また、ロングパイル人工芝はアスファルトの上にしか敷くことができません。熱を溜めやすい素材でできているため、夏には高温に注意する必要もあります。因みにこの熱に関しては、ロングパイル人工芝に限ったことではありません。暑い時期に人工芝の上にいるときには、常に注意をしておきたいですね。

ロングパイル人工芝の施工方法とは?

前段でロングパイル人工芝の施工は大がかりだと述べましたが、実際にはどのような方法で施行されるのでしょうか。ここでは具体的な施工方法についてもみていくことにいたします。

まずは、下地を作ります。精度の高い測量をした上で、道路工事のようにフォークリフトやトラクターを用いてコンクリートに舗装していくのです。それができたら人工芝を敷き詰めます。ジョイントテープを貼る位置の確認をし、人工芝を固定して接着剤を塗布したら転圧ローラーをかけて重責圧着をしていきます。人工芝を敷くことができたら充填剤の散布に移ります。この作業はゆっくりと丁寧に行い、パイルの根元まで均等に充填されるようにしていきます。足りない箇所はないか、調整の確認ができたらようやく完成です。

ロングパイル人工芝を敷くときには、このようにしっかりとした方法で施工をしていかなければなりません。安全性やプレーへの影響なども考えなければいけませんから、専門の業者による施工が基本となります。ロングパイル人工芝を扱う業者の多くが、販売だけでなく工事費用や施工費用を合わせた見積もりをおこなっているので、競技場などへの導入を検討している方は気になる業者に問い合わせをしてみましょう。一定の広さのあるところにのみ施工をしている業者も多いので、対応してもらえるかどうかも1度尋ねてみるといいのではないでしょうか。

人工芝施工業者を選ぶ際に注意するべきポイント

人工芝の施工を業者にお願いするときには、選択肢がたくさんあって迷ってしまうかもしれません。もちろん「何を基準にして選べばいいのかわからない!」という疑問も発生することでしょう。そんな方のために、人工芝施工業者を選ぶ際に注意するべきポイントについても解説します。

ここまでの記事を読んで分かったと思いますが、ロングパイル人工芝は家庭用としては適していません。しかし、ショートパイル人工芝の中でもクッション性の高いものを選んで導入することは当然可能です。庭やオフィスにショートパイル人工芝を敷くときにも、専門の業者に依頼することにはメリットがたくさんあるので、ぜひそのような検討をしている方も一緒にポイントをおさえてみてくださいね。

まず、見積もりが詳細に上がってくるかどうかに注意を払っておきましょう。どのような作業にどれくらいの費用がかかっているのか記載されている業者であれば、信頼につなげることができます。ほかの業者と比較をするときにも有意義な検討ができるでしょう。反対に、頼む方に知識がないからと一括りにして提示してくる業者はおすすめできません。

次に、アフターサービスが用意されているかどうかにも気を配っておきましょう。アフターサービスがあれば、施工後に万が一のことがあったときにも安心できます。内容は業者によってさまざまなので、検討の段階で確かめておくようにしてください。また、提示される価格についても注意が必要です。ほかの業者の見積もりより明らかに安すぎる場合には、疑う気持ちも持ちましょう。どこかで経費を削っている可能性があるためです。

「できるだけ安くしたい!」と考える気持ちはわかりますが、品質や技術などコスト以外の面にも気を配らなければ後悔にもつながってしまいます。そのような希望をもっている方は、人工芝が自社製品かどうかに注目してみるのがいいでしょう。自社製品の人工芝を使用している業者であれば中間マージンがかからないので、品質のいい人工芝でも安価に抑えられる可能性があります。

最後に、実績が十分にあるかどうかもチェックしておいてください。実績が少ないと仕上がりの想像がしにくく、イメージ通りの施工をしてもらえるかわからないためです。業者にも得手不得手は当然ありますから、希望するイメージに近い施工が得意な業者を選び、納得できる人工芝の施工を叶えるようにしましょう。

 

ロングパイル人工芝について、理解が深められたことと思います。家庭用に人工芝の導入を考えていた方にとっても、参考になったのではないでしょうか。どんな人工芝でも、実際に施工が決まったら、どの業者にお願いするかが重要です。人工芝の施工を請け負ってくれる業者はたくさんありますから、それぞれの特徴をよく比較して選ぶようにしましょう。自分にぴったりな業者を選び、理想通りの人工芝を手に入れてくださいね。

人工芝のおすすめ施工業者5選

商品画像
商品名日本人工芝計画芝人国分グリーンファームたかはし庭園ワイズヴェルデ
特徴安い価格で高品質、そして担当者が優しく誠実全国フランチャイズ網でどこでも高品質人工芝が工事可能な企業芝関連のさまざまなサービスを扱う埼玉の企業「変化」を大事にする庭作りのジェネラリスト海外生産工場から直接買取、自社施工の会社
詳細リンク詳細ページへ詳細ページへ詳細ページへ詳細ページへ詳細ページへ

おすすめ関連記事

サイト内検索
人工芝施工業者おすすめ5選!
たかはし庭園
たかはし庭園の画像
記事一覧