口コミで評判の人工芝の施工業者をおすすめ比較12選でご紹介!【お庭のリフォームはもちろんオフィスにも人気!人工芝施工専門会社をまとめてみました】

カラー人工芝を設置して庭をおしゃれにしよう!

公開日:2021/03/15  最終更新日:2021/04/16

画像引用元:日本人工芝計画

庭をおしゃれにする天然芝は、メンテナンスに手間や労力がかかるものです。その点、人工芝はメンテナンスの手間が省けて、景観を保てるとして人気になっています。人工芝には色付きのものもあり、庭やベランダをおしゃれに見せるように印象を変えてくれますよ。庭をおしゃれにするカラー人工芝の設置について解説するため、参考にしてください。

カラー人工芝とは?

人工芝といえば緑色を連想する人が多いでしょう。天然芝も緑なので、緑色しか選べないと思っている人もいるようです。近年では、自分なりに家をカスタマイズする人や改装、リフォーム、リノベーションするマンションも多くなりました。

それに伴い、メンテナンスのいらない人工芝が注目されており、カラー展開も豊富になったのです。人工芝は室内にも置けるため、さまざまな使い方ができます。また、カラー人工芝は部屋の雰囲気も壊さないので、よりおしゃれな空間を演出できるでしょう。

パイルの長さ

カラー人工芝は、パイルの長さの違いで見た目や用途も変わります。

・ショートパイル
・ロングパイル

パイルは長ければ長いほどクッション性が高くなるようです。パイルが長いものは触り心地、寝心地がよいと評判ですが、熱がこもりやすいなどのデメリットもあります。

パイルの素材

人工芝には耐久性の高い素材が使われることが多いようです。

・ポリエチレン
・ポリプロピレン
・ナイロン

素材によって触り心地も変わってくるので、カラー人工芝を選ぶ時は素材にも目を向けてみるとよいでしょう。

カラー人工芝のタイプ

・ジョイント
・ロールタイプ

人工芝にはジョイント、ロールタイプの2種類あります。ジョイントタイプはタイルの形になっており、ホームセンターなどで見かけた人もいるのではないでしょうか。ジョイントタイプのカラー人工芝は、一部だけ色を変えてアクセントをつけることもできます。また、ロールタイプは広範囲に人工芝を設置したい時におすすめです。人工芝の種類によっては、カットしやすくなっているタイプもあります。

カラー人工芝を設置するメリット

「カラー人工芝を使ってみたい」「お手入れは大変?」など、カラー人工芝に興味がある人も多いでしょう。カラー人工芝を設置するメリットについて解説します。

アクセントになり景観がよくなる

カラー人工芝はグリーン以外にもラテ、グレーなどのカラー展開があります。臨機応変に設置できるので、庭にワンポイント違うカラー人工芝を設置するだけで雰囲気を変えられるでしょう。カラーの組み合わせ次第では、洗練された印象の庭に変身させられます。また、カラー人工芝を取り扱う施工業者によっては、好みのカラー、デザインの設計も可能です。庭の景観をよくするために自分でデザインできるのもメリットでしょう。

緑が合わない場所にも置くことができる

天然芝に比べて、カラー人工芝は設置する場所が幅広くなっています。

・玄関
・駐車場
・屋上
・テラス
・室内

室内にも置けて、緑が合わない場所には異なる色の人工芝を設置できるのです。形も四角以外に丸などもあるため、デザインを考えるのが楽しくなるでしょう。

色の展開が多い

緑の他にも、カラー人工芝にはさまざまなカラーがあります。

・ラテ
・グレー
・チョコ
・パープル
・ピンク
・ブルー
・レッド
・イエロー

カラー人工芝を取り扱う施工業者によって、カラー展開は異なります。シックな色合いのものだけでなく、原色を取り扱っている業者もいるようです。室内を明るく演出したい、裸足で歩けるスペースは暖かいイメージにしたいなど、色で雰囲気を演出することもできますね。

使い方の幅が広い

カラー人工芝は丸などの形にも加工できます。また、駐車場のラインやコートの線などをカラー人工芝で描くことも可能ですよ。「人工芝は車の重さに耐えられるの?」と思う人も多いようですが、問題ありません。固定をきちんと行っていれば芝がずれることも少なく、駐車場の整備もコンクリートより施工費が安価なようです。駐車場の景観もよくなり、雑草などの手入れの手間も省けるでしょう。

メンテナンスがほぼいらない

天然芝に比べると、人工芝はこまめな掃除や手入れなどの、メンテナンスがほぼいりません。屋外に設置する場合は、ホコリや落ち葉などが溜まりやすくなりますが、頻繁に掃除する必要はないでしょう。水洗い可能な人工芝もあるので、汚れても洗えば美しさを保てます。

カラー人工芝にありがちな疑問を解決!

カラー人工芝を使ってみたいと考えていても、気になることもあるでしょう。ここではカラー人工芝にありがちな疑問を解決します。

メンテナンスや耐久性

人工芝は耐久性が高いと評判です。まず気になるのが、「カラー人工芝だと耐久性が落ちるのではないか?」という点ではないでしょうか。カラー人工芝にしても、耐久性や質が落ちるということはありません。メンテナンスは基本的に不要ですが、屋外での耐用年数は平均して7~8年です。種類によっては、10~20年と長く使えるものもあります。設置する場所や材質では2年ほどの耐久性になっているものもあるので、カラー人工芝の状態を見て交換しましょう。

屋外で使うと日焼けする可能性はある?

屋外に設置する場合、直射日光にさらされ劣化が早まる、色が褪せてしまわないか不安に思うものでしょう。人工芝は耐久性が高いですが、使っている年数が長いほど劣化します。しかし、劣化の原因は屋外とは限りません。直射日光による温度の上昇に配慮するようにしましょう。人工芝は83度で変形するようです。コンクリートの上やガラスの近くに設置する時は、直射日光で温度が上がるので熱対策が必要になるでしょう。

カラー人工芝の水はけはよい?

人工芝を屋外に設置するにあたって、水はけがよいのか気になる人もいるでしょう。人工芝自体は水はけがよいとされていますが、水はけがよくなるかどうかは人工芝の下の状態によります。水はけが悪い、水で濡れている状態では滑ることがあるため、注意してください。

熱に強いの?

人工芝は火や高温に弱いようです。場合によっては溶けてしまう可能性もあるので、高温になる作業やバーベキューなどは避けましょう。もちろん、花火やたばこも避けた方が無難です。

劣化するとどうなるの?

カラー人工芝は年数がたつと少しずつ色焼け、芝が寝てしまうという状態になります。とくにカラー人工芝は、色焼けが目立つことも考えられるでしょう。

失敗しないためにはどうしたらいい?

カラー人工芝の手触りやカラーは、実際に見てみないとわかりません。実際に施工して、「イメージしていたものと違う」と思う人もいるようです。カラー人工芝は、取り扱う業者によりサンプルを請求できます。カットサンプルを取り寄せて、感触やカラーを確認すればイメージしていたものと違うというリスクを軽減できます。機能性や素材、パイルの長さによって印象も変わるでしょう。

平らでない場所でも設置できる?

敷石や飛び石など障害物がある場所でも、人工芝は設置可能です。カラー人工芝に限らず、人工芝はカットなどの加工ができます。技術は必要になりますが、平らでない場所でも工夫次第で人工芝は設置できるのです。

 

庭をおしゃれにするカラー人工芝の設置について解説しました。カラー人工芝は、カラー展開も多いようです。パイルの長さで手触りも変わるので、裸足で歩ける庭を考えている人は長めのパイルを選ぶとよいでしょう。ワンポイントとして設置すれば、庭も明るくおしゃれになります。自分だけのカスタマイズで庭を素敵に変えましょう。

人工芝のおすすめ施工業者5選

商品画像
商品名日本人工芝計画芝人国分グリーンファームたかはし庭園ワイズヴェルデ
特徴安い価格で高品質、そして担当者が優しく誠実全国フランチャイズ網でどこでも高品質人工芝が工事可能な企業芝関連のさまざまなサービスを扱う埼玉の企業「変化」を大事にする庭作りのジェネラリスト海外生産工場から直接買取、自社施工の会社
詳細リンク詳細ページへ詳細ページへ詳細ページへ詳細ページへ詳細ページへ

おすすめ関連記事

サイト内検索
人工芝施工業者おすすめ5選!
日本人工芝計画
芝人
芝人の画像
国分グリーンファーム
国分グリーンファームの画像
たかはし庭園
たかはし庭園の画像
芝本舗
芝本舗の画像
記事一覧