口コミで評判の人工芝の施工業者をおすすめ比較5選でご紹介!【お庭のリフォームやグラウンドの施工にも人気の専門店・会社】

人工芝と天然芝の違いとは?

公開日:2019/04/24  

芝を庭に設置したい場合、人工芝にするか天然芝にするか選択できます。それぞれでかなり違いもあるのですが、こうしたことを知っておかないと後悔することもあります。

だからこそここでコストの違いや施工方法の違いなどを詳しくチェックしておきたいところです。

 

いろいろな点が違ってくることに注意する

両者で違ってくる点は多いですが、まずコストが変わってきます。コストはケース・バイ・ケースですが、基本的に人工芝のほうがランニングコストなどの点からいってもかなり安くなってきます。

人工芝であれば設置も簡単であり土壌を気にせずに施工できるのも利点でしょう。また、人工芝は天然芝に比べるとより長持ちするのでかなり長期的に見ると安くなってきます。だからこそコストを気にするという人は人工芝を選択してみるのが良いかもしれません。

また、こうしたコストは一般論でしかありません。人工芝も高級な素材を用いるとそれだけコストがかかります。こうした人工の芝よりも安い天然芝を利用したほうがかなり安くなるといったこともあります。だからこそトータルコストについて業者としっかりと相談しておくべきです。

他に両者は使用感も異なってきます。人によっては人工の芝のほうが好きという人もいますし、天然芝を好む人もいます。それぞれで触った感触が異なり人工芝はやはりゴワゴワしやすいです。一方、天然芝は弾力もあって裸足で歩いても大丈夫なほどです。

とはいえ、人工芝もいろいろな素材があり、プラスチックなどから選べます。それぞれの素材で全く感触なども変わってくることから実際に店頭でどういった人工芝があるか触ってみることがおすすめです。

また、人工芝は管理もほとんどいらないことも利点でしょう。人工芝は一度施工したら放っておいてもそこまで問題なく過ごせます。人工芝で必要となるのは定期的な取り換えくらいです。また、補修も必要となりますが、こうしたメンテナンスの手間はやはり人工芝に比べるとかなり少ないのです。

一方、人工芝に比べるとかなり天然芝は手間もかかるものです。頻繁に借り入れしないといけませんし、虫なども発生してきます。他にも、天然芝の育て方を謝ると枯らしてしまうこともありますし、大量に生えすぎてガーデンなどを侵食することもあります。だからこそ天然芝を育てるのには手間もコツも必要となるので、手間を惜しむという人は天然芝よりも人工の芝をおすすめします。

しかし、天然芝も改良されてきていてますます手入れがいらないものが増えてきています。人工芝によってはほとんど放ったままでも勝手に育つものもありますし、刈り入れも年に数回で住むといったことも。なんといっても人工芝の肌触りに勝るものはありませんから、こうした手間も気にならないという人もいるでしょう。こうした差があるためどちらを選んだらよいかは人によって分かれてくるのです。

 

天然芝と人口芝のそれぞれの良さ

人工芝と天然芝は扱っている業者も全く異なってきます。地域によっては人工芝を扱っている業者しかないなんてこともあるでしょう。

また、施工にもスピードの差があります。人工芝のほうが基本的に早く済み、天然芝ですと土壌を調査しないといけません。

天然芝はやはり日当たりが強すぎるとダメなこともありますし、全くの日陰では育ちにくく枯れることもあります。だからこそこれから手軽に芝生を用いたい場合には人工芝のほうが向いていることがあるのです。

なんといっても人工芝の場合には自分で施工できることも。人工芝の施工キットもけっこうありますし、専門知識がなくとも施工しやすくなっています。

もちろん、自分でする場合には気をつけておきたいことも多いですが、天然芝を自分で植えるのはかなり大変です。だからこそ自分でなんとかしたい、地域に芝生を扱っている業者がないといった場合にはネットから人工芝キットを取り寄せて自分で施工しやすくしてみると良いでしょう。

更に両者の違いとして季節感があります。天然芝であれば季節の変化に伴って色なども変化してきます。それだけ四季折々の違いも楽しめるものです。反面で人工芝は全くこうした変化がありません。人工芝はいつまでも青々しいですが、それだけいつ見ていても同じなので飽きることもあるでしょう。こうしたこともあり天然芝のほうがおすすめできるところでしょう。

もちろん、両者を組み合わせるといったこともできます。天然芝と人工芝を組み合わせることによって両者の利点が楽しめるものです。例えば、あまり日が当たらないようなところは人工芝にすると良いでしょう。こうすることで日照条件などに関係なく芝生を楽しむことができます。

一方、庭の半分を人工芝にすれば人工芝を育てる楽しみも満喫できるものです。こうした組み合わせに長けている業者もあるので選んでみることをおすすめします。とはいえ、組み合わせる際にはコストなどについても注意しておいてください。

 

人工芝と天然芝について更に解説

人工芝と天然芝の違いはけっして少なくありません。例えば、虫について十分に気をつけておきたいものです。天然芝は虫がかなり発生することもありますし、虫に芝生を食い散らかされることがあります。

これによって殺虫剤などの余計なランニングコストが増すこともあります。天然芝に虫がいるとガーデンなどにも侵食することも。しかし、人工芝が虫と無縁かというとそんなこともありません。

人工芝であっても虫は発生することがあります。人工芝の場合には虫が発生すると人工芝の総取替えが必要となるといったようにより対処が難しいことが多いのも難点でしょう。

また、人工芝の場合には雑草が生えると大変です。天然芝の場合には雑草を除去する働きもあるのでそこまで問題ではありませんが、人工芝は雑草が生え放題になることもあります。

こうなると通常の芝生よりも手間がかかるなんてこともあります。こうした注意点以外に人工芝はかなり日に反射することがあることを知っておきたいところです。人工の芝によっては反射する素材で作られておりかなり目に痛いことがあります。

だからこそこうした素材の違いについても理解しておかないといけません。もしも日に反射しすぎるようだと病気になったりすることもあります。このように違いは多いものですが、もしもどちらにするか困ったらまずは業者に相談しておくべきです。

業者に依頼することによってどちらが最適なのかを家の状況から分析してもらうことができます。紹介したように両者の組み合わせも可能ですから、不安な場合にはまずは連絡しておきたいところです。

 

天然芝と人工芝はかなり違いも大きいものです。両者はランニングコストなども変わってくるものですし、施工費用も変わります。それぞれで手間もかなり差があるだけでなく、肌触りなども全く異なってきます。だからこそこれから芝生を取り入れたい際にはどちらにするかじっくり検討しておきたいものです。

そのためにも実際に実物を見て判断したり業者に話を聞きに行くというのも良いでしょう。なんといっても両者の差として季節感については注意しておきたいものです。季節感の違いのために人工芝を導入した後に後悔するなんてこともありますし、天然芝が冬に枯れてしまってがっかりすることも。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧