口コミで評判の人工芝の施工業者をおすすめ比較5選でご紹介!【お庭のリフォームやグラウンドの施工にも人気の専門店・会社】

人工芝を自分で設置するのと業者に依頼する費用の違いとは?

公開日:2019/04/24  

人工芝を取り入れようと考えているならば、芝生施工業者の利用をおすすめしておきます。自分で設置することによってコストダウンになることもあります。

ここではそんな自分で設置する際の費用と芝生施工業者に依頼して施工してもらう際の費用の違いについて見ていきましょう。

 

人工芝の料金について知っておこう

人工芝を取り入れる際には基本的に芝生施工業者を利用します。こうした芝生施工業者を用いることによってプロの仕上げになるものの、やはりコストが気になるといったことがあるでしょう。

こうした際には芝生施工業者ではなく自分でしてみることがおすすめです。自分で人工芝を取り入れるとコストがかなり下がりますが、自分でした場合には基本的に人工芝代金程度しかかからないことも。

人工芝もかなり商品によって価格が変わってきますが、人工芝によっては平方メートルあたり1000円程度の激安商品もあるくらいです。また、人工芝も中古を利用することによって更にコストを下げることができる場合があります。このように自分ですると激安になるのは魅力的です。

とはいえ、自分でする場合でも意外なコストがかかってくることも。例えば、人工芝以外にも土地を慣らすために業者に頼んでシャベルカーなどで土の均しが必要になることも。これは人工芝を設ける地形によってかなり変わってきます。もしも凸凹しているところに設置すると浮いてきたりして不自然になることがあるので気をつけておきましょう。

更に人工芝を設置する際にはスプリンクラーなどを設けることもあるでしょう。スプリンクラーなどがあるとより芝生な感じが高まってきますし、土埃を防ぐ目的もあります。スプリンクラーは導入した場合にはかなり高くなるものの、おすすめできるアイテムの一つです。

他にも、人工芝を設ける前に除草剤をまいたほうが良いことも。これは植えるところによってもかなり変わってきます。例えば、すでに雑草がボーボーな場合には除草剤をまかないといけません。こうしないとせっかく人工芝を設けても雑草が目立ってしまって後悔することもあります。

このようにポイントはかなり多いので自分で設置する際には気をつけておきましょう。自分で設置する場合、トータルコストは10万円程度になります。

 

芝生施工業者に任せる場合のコストとは

芝生施工業者に任せると高くなると思われがちですが、実はそこまで高くならないこともあります。芝生施工業者は芝生施工のプロなので作業も効率的です。芝生施工業者に頼むことによってよりテキパキと作業してもらえてより早く仕上がるのも利点でしょう。

他にも芝生施工業者に任せるとしっかりと地面の均しなどもしてくれるので後でトラブルを招くこともありません。芝生施工業者に任せた後はアフターケアなども受けられるのも利点になってきます。

また、人工芝によっては芝生施工業者でしか扱っていないものもあります。市販の人工芝はやはり素人でも使える反面、定着率がよくないも多いのです。一方、芝生施工業者が扱うものであれば実にしっかりしていますからおすすめできるものです。

このようにより仕上げが良くなるので失敗したくない場合には芝生施工業者にお願いしてみるのが良いかもしれません。芝生施工業者に任せる際のコストですが、着工金や保険費用、そして人工芝代金なども含めてトータル30万円程度で済むでしょう。

とはいえ、これよりも高くなることもあるのでかなり人工芝を設ける地形によっても変わることがあります。もちろん、人工芝の商品の種類によっても違いがあるので気をつけておきましょう。

 

自分で設置する際の注意点もけっこうある

自分で設置するとコストが安くなるものの、全てのトラブルを自分で対処しないといけません。

例えば、人工芝を植えた後に風で人工芝が飛んでしまうことがあります。こうした際には再び設置する手間もありますし、人工芝が傷付いて交換が必要になることも。これによって余計なコストも生じることがあります。こうしたコストは決して無視できないものです。

このように自分でする場合には想定外のコストが生じやすいので、もしも余計なコストが発生するのが嫌ならば最初から芝生施工業者に依頼するのが良いかもしれません。

更に自分で設置することによってでき栄えが悪くなることも。人工芝はかなりびっしりと敷き詰めないと印象が悪いのですが、こうしたことを自分でするのは難しいのです。人工芝の間で隙間が生じてしまってみっともなくなることもあるでしょう。こうしたこともあり不安があるといった場合にはやはり人工芝は芝生施工業者に任せるのが一番なのです。

他にも人工芝は定期的に交換やメンテナンスが必要です。こうしたことも人工芝業者に任せればしてもらえます。しかし、自分で設置するとこうしたことも全て自分でしないといけないハメになるのです。このようなことはかなり面倒ですし、「こんなことなら最初から人工芝業者に任せておけば良かった」と後悔することもあるでしょう。

また、人工芝を自分で取り付けると人工芝絡みのトラブルにもなりやすいです。人工芝は取り付ける前に適切な処置も必要ですし、可燃物の近くなどに置くのも危険です。人工芝を適当に設置したために火災を招いたりでもしたらとんでもなりません。これによって近隣に被害などを与えると思わぬ損害賠償が生じることがあります。

人工芝を自分で取り付けたはよいものの、結局は芝生施工業者に頼んだ場合よりも損害賠償などで大幅にコストがかかったなんてこともあるでしょう。だからこそ、もし自分でするのが不安という際には素直に人工芝業者に依頼するようにしておいてください。

特に初心者な場合には人工芝施工業者が一番です。人工芝業者であればいろいろと教えてくれますし、さまざまなサポートも得られますからおすすめできるものです。

 

人工芝を取り付けることは自分でもできます。しかし、自分で人工芝を取り付けるとうまく設置できないこともあるでしょう。また、自分で取り付けることによって風で人工芝が飛んで余計なコストがかかることがあります。このため、人工芝を自分で取り付けたために余計にコストがかかることがあります。

確かに人工芝業者に依頼すると余計に高くなりますが、トータルで考えると安くなることが多いのです。なんといってもし上がりも良くて大変気持ちのよい芝生にしてもらえます。更に人工芝業者に頼むことによってさまざまな保険も適用されるようになってくることでしょう。

結論としては自分ですると何かとコストが生じることがあるので最初から業者に依頼すると良いでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧