口コミで評判の人工芝の施工業者をおすすめ比較5選でご紹介!【お庭のリフォームやグラウンドの施工にも人気の専門店・会社】

DIYで自宅の庭でキャンプができちゃう?人工芝とウッドデッキがおすすめ!

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/09/30

キャンプ好きから今注目されているのが、自宅でDIYをして庭でキャンプを楽しむという方法です。人工芝とウッドデッキでキャンプの雰囲気のあるスペースができ、家キャンプを楽しむことができます。今回で、DIYで楽しむ家キャンプスペースの作り方やそのポイントなどについてご紹介します。

家の庭でアウトドアを楽しむことができる

庭でキャンプすることは庭ンピングなどと言われ、自宅の庭にテントを張って、アウトドア料理を作ったりテントで眠ったりしてしたりして楽しみます。DIYをすると自宅の庭でキャンプの雰囲気を作ることができて、まるで実際に屋外にいるかのような雰囲気を楽しむことができるのです。そんな庭ンピングには人工芝とウッドデッキがおすすめで、庭に人工芝を設置したりウッドデッキを取り付けたりするとピッタリの雰囲気を楽しめます。

そこで、庭ンピングをしたいという方のために、DIYでできるキャンプスペースの作り方やそのポイントなどをこれから具体的にご紹介します。まず、キャンプといえばグリーンの芝生の上にテントを設置したイメージを持つでしょう。庭にグリーンの芝生を設置すると素敵な雰囲気になります。

芝生を設置する場合、いつも緑で手入れの手間も少なくふかふかした感触の人工芝がおすすめです。人工芝は設置もシンプルで冬の寒さでも枯れることがありあません。人工芝は天然芝生とは異なり、土が表面にないので転がっても汚れにくいですし、水やりなども必要なく手入れもとても簡単というメリットがあります。キャンプを楽しむためのスペース作りとして、まずは自宅の庭に芝生を設置する方法についてこれからご説明をしてみましょう。

芝とデッキを用意するのがおすすめ

庭ンピングスペースを作るときに、庭に人工的な芝生を設置してグリーンの素敵なスペースを作っていきましょう。芝生をDIYして設置するとリーズナブルな費用で設置することができますし、家族で力を合わせればよい思い出作りにもなります。芝生はホームセンターで購入することができますので、事前にどれくらいの芝を購入するのかを計測して明確にしておきましょう。

芝がたくさんいるという場合にはロール状のものをホームセンターで購入すると1メートルあたりのコストが低くなっておすすめです。敷きたいスペースにぴったりと合うように購入するためにも、図面などを利用して具体的な長さを書き込んだものを事前に用意しておくと便利です。芝を必要なだけ購入したら、次は地面を整地して雑草や石ころなどを取り除く、芝がきれいに敷けるようにならしていきます。

雑草を抜くときには根元から丁寧に取り除き、目立つ石ころなども内容に取り除いて、表面の凸凹をフラットな状態にしておきましょう。土地をきちんと整えてから作業することがきれいに芝を敷くための大切なポイントになりますので、丁寧に作業をおこないましょう。整地が完了したら、芝生を敷くスペースにぴったりのサイズにカットしてきれいに設置をしていき、端と端の処理も丁寧におこなっていきます。

このとき、ぴったりになっていなければ変に浮いてしまったり、すき間ができてしまったりする原因になります。面倒かもしれませんがきちんと計測したサイズでカットしましょう。そして、ぴったりになったら専用のピンでしっかりと固定をし、動かないように敷いていきますが、ピンも危なくないように地面にしっかりと固定することが大切なポイントです。

最初はなかなか思い通りに作業するのが難しいかもしれませんが、何度も繰り返していると慣れてきますので丁寧に作業をしていきましょう。芝生が完成したらウッドデッキを設置していき、イスやテーブルを置いて食事やお茶が楽しめるスペースをつくります。芝生の庭にこのファシリティを設置することで、オープンテラスのような素敵な雰囲気のカフェスタイルなども楽しめて、おしゃれな感じも楽しめます。

また、外の光や風などの中で食事をすることができるので、アウトドアの演出もしっかりとすることができます。DIYをすると業者に依頼して設置してもらうよりもリーズナブルな価格で設置できるのも大きなメリットになります。ホームセンターにはこうした設備をDIYしたいという人々のために、設置しやすい木のデッキキットなどがそろえられていますので色やデザインなどから選べます。

庭のサイズとデッキのサイズや組み立て方法なども購入前に確認しておきましょう。デッキに使用するテーブルやイスは据え置きタイプのものや折り畳みタイプのものなどから選べますので、ベストなものを選びましょう。デッキを設置するときに気を付けておきたいポイントとして、雨が当たるかどうかという点で、屋根のようなものがないところに設置するときは折りたたみ型のほうが良いでしょう。

必要に応じて簡単な屋根材を用いて雨を対策するのもおすすめですし、騒音と虫なども対策しておくようにしましょう。日焼けが気になるという場合はシェードやタープを設置する方法でも庭ンピングを十分楽しむこともできますので、いろいろ家族と話し合って決めておくとよいでしょう。

専門の業者に景観を任せる方法もある

庭ンピングをすると自宅の庭でアウトドアが楽しめますし、アウトドア好きの間でDIYして芝生と木製デッキを設置するという方法が注目されています。これらはシンプルな方法でできますし、初めての人も方法にそって設置できます。しかし、忙しい方やDIYがどうしても苦手といった方は、業者に任せるのもおすすめです。芝を敷いてみたい木製デッキを設置したいと伝えるとプロに作業してもらって素敵なスペースが完成します。

やはりプロの職人が手掛けた庭はDIYよりもずっと本格的ですし、きれいなものになるでしょう。自分で作業するのはハードルが高いという場合には、業者に頼んで設置してもらうという方法もありますので庭ンピングを楽しむことはできます。予算を業者に伝え、その中でベストなプランを提案してもらうと予算を超えないで庭でアウトドアを楽しむことができます。

業者によってプランは異なっていますので、見積もりを出してもらってから比較して検討するという方法なら決めやすいでしょう。専門の業者に依頼する場合には実績数も豊富で、口コミ評判がよく、予算に遭った業者を選ぶと安心感があります。よりよいスペースを作ってもらうためにも、わかりにくい部分などはきちんと質問して、疑問点を残さないようにしておくことがポイントになります。

 

昨今、自宅の庭でアウトドアを楽しみたいという人も増えており、ホームセンターなどで材料をそろえてDIYをする方法が人気となっています。自身で作業してスペースを作ると、リーズナブルに素敵な庭ができ、人工芝やウッドデッキを用いると素敵なスペースを用意することができます。芝やデッキを購入して作業して設置していくと、完成したときの感動もひとしおですし、家族と一緒におこなうと素敵な思い出になります。

興味はあるけど難易度が高いという場合には庭の景観については業者に任せておき、小物などのアイテムを自作でDIYして仕上げるのも楽しいでしょう。時間がないなどでアウトドアは大好きだけれどもなかなかいくことができないという場合には、自分の家の庭にスペースを設置してみるのはおすすめです。

人工芝のおすすめ施工業者5選

商品画像
商品名日本人工芝計画芝人国分グリーンファームたかはし庭園ワイズヴェルデ
特徴安い価格で高品質、そして担当者が優しく誠実全国フランチャイズ網でどこでも高品質人工芝が工事可能な企業芝関連のさまざまなサービスを扱う埼玉の企業「変化」を大事にする庭作りのジェネラリスト海外生産工場から直接買取、自社施工の会社
詳細リンク詳細ページへ詳細ページへ詳細ページへ詳細ページへ詳細ページへ

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧