口コミで評判の人工芝の施工業者をおすすめ比較5選でご紹介!【お庭のリフォームやグラウンドの施工にも人気の専門店・会社】

メンテナンスフリーの人工芝の特徴とメリット

公開日:2021/02/15  最終更新日:2020/11/13


自宅に芝空間をつくりたいと考えているのであれば、メンテナンスフリーの人工芝の導入を検討してみるのはいかがでしょうか。人工芝には天然芝とは違った魅力がたくさんあるので、迷っている人はメリットを知ることから始めることをおすすめします。管理が不要であること、いつでも綺麗に保ちやすいことなど、ここでは具体的なメリットをご紹介します。

メンテナンスフリーの人工芝の特徴

人工芝という言葉を聞いたことがあっても、具体的にどのような特徴があるのか知らない人は多いものです。人工の芝と天然の芝との違いについては、造花と生花の違いのように、人工的につくられたものか自然に存在しているものかの違いをあげることができます。

また、自然に存在しているものではないので、水や日光が足りなくて枯れてしまうことはありません。その材質は感触が柔らかいポリエチレンやポリプロピレンが採用されていることが多いですが、使われている素材の品質は大きく違うこともあり、ハイクオリティなものは紫外線による劣化や変色が起きないという特徴があります。すべて同じような見た目をしているため勘違いしている人が多いのですが、実はスポーツに使用するか庭に敷くかによって選ばれるものが違います。

一般的な家庭であれば庭用のものを購入すればよいでしょうが、広い庭を持っていてそこでスポーツやゴルフの練習などを行いたい場合は、これらに特化したものを選ぶほうがよいでしょう。このように、人工芝は天然芝と違って枯れさせてしまうことがない点や用途に応じて豊富な種類から選択できる点が特徴的です。

手軽に景観を美しくできる

最も大きな魅力は、手軽に景観を美しくできるというものです。管理の手間などを気にすることがなく導入できますし、1度敷いてしまえばダメージが蓄積して交換が必要になるまでは放置しておいてよいので楽だといえます。枯れてしまわないように常に気にする必要がありませんし、簡単に綺麗な庭を保つことが可能です。

緑のある住まいに憧れを持っている人は少なくありません。近所の人や来客から美しいと思ってもらえるだけではなく、そこに住んでいる自分たちも芝の緑色を見て癒されることができます。景観が美しい家に住んでいると自然と心が満たされることが多いですし、生活に対する満足度の向上しやすさにもつながるはずです。

天然芝を敷く場合は定期的な芝刈りや雑草処理だけではなく、肥料の散布まで必要になりますが、こういった手間が一切かからないので非常に便利なアイテムだといえます。メンテナンスフリーの人工芝であるからこそ、時間や手間をかけずに簡単に芝空間を楽しむことができるようになるでしょう。

耐久性が高いので長持ちしやすい

次に耐久性が高いのも大きな魅力です。天然芝のほうが長持ちすると説明されるケースもありますが、これは管理が上手くいった場合だけなので、初めて取り入れた人は早々に枯れさせてしまうことが多いといえます。購入するものの品質にもよりますが、人工芝の場合は10年前後持つことがほとんどです。

一方で、天然芝は管理する人の腕や気象状況などによってダメになってしまう恐れがあります。冬などに一時的に枯れたとしても季節が変われば美しい緑色が復活しますが、除草剤の散布に失敗した場合や芝刈りのタイミングを間違えてしまった場合は季節が変わっても青々とした芝に戻ることがないでしょう。

つまり、天然芝の場合は、管理が悪ければ1年や2年といった短期間で枯れてしまってもおかしくありませんが、人工の芝の場合は管理の悪さによる劣化が起こるようなことはなく、ある程度の寿命は保証されています。管理に自信がない場合や何度も庭をつくり直したくないと考える場合は、初めから長持ちしやすい人工のものを選んでおくとよいでしょう。

1年中綺麗な緑色をキープすることが可能

1年中綺麗な色を保つことができることも魅力です。天然芝を導入すると、季節によっては茶色く枯れてしまいます。選んだ種類で違いますが、一般的には秋から冬にかけて枯れてしまうものが多いです。春や夏になれば青々とした芝に戻りますが、1年中緑を感じたい人には向いていません。

また、夏枯れしてしまう種類もあるので、思いもよらぬ時期に茶色くなってしまう可能性があります。美しい芝生の上でバーベキューやパーティー、遊びなどを楽しみたいと考えていても、夏枯れによって計画が台無しになることもあると知っておくべきです。

こういった問題を引き起こさないためにも、いつでも美しい緑色をキープできる人工のものを選ぶとよいでしょう。最初に気に入った色を選んでおけば、時期に関係なくその色を楽しむことができます。

グレードが低ければ紫外線の影響で変色する可能性がありますが、あまりにも安すぎるものを選ばなければ、基本的にはひどく変色することもありません。いつでも緑を味わいたいのであれば、枯れてしまうことがない人工芝が便利だといえるでしょう。

場所を選ばないのでどこでも敷くことができる

芝は庭に敷くものだと思っている人が多いと思いますが、人工芝であれば場所に関係なくどこにでも敷くことができます。天然のものは芝の下に土を入れる必要があるので、庭のように入れられる場所でなければ導入できません。人工のものを活用するのであれば土を用意する必要がないので、ベランダや土を入れることが難しいと感じる庭にも導入できます。

マンションに住んでいる場合や庭が狭い戸建て住宅に住んでいるような場合でも、ベランダに人工の芝を敷いて子どもたちの遊び場にしたり、テーブルや椅子を持ち込んでティータイムを楽しむ場所を作ったりすることが可能となるでしょう。

こういった場所に天然芝を絶対に導入できないわけではありませんが、芝を張る作業が難しいだけではなく、天然芝や土のせいでベランダに虫が入ってくるという恐れもあります。土を入れられる庭以外の場所に芝空間をつくりたいと考えているのであれば、場所を問わずに活用できる人工芝を採用することがおすすめだといえるでしょう。

日当たりに関係なく芝を敷くことができる

天然芝を敷くときには、日当たりのよさを考慮する必要があります。日当たりが悪いほうが伸びすぎないと考えるかもしれませんが、他の植物と同じように日光に当たる時間が少なければ元気な状態を保つことができません。よい状態を維持するためには日当たりが重要なので、広い庭があったとしても、マイホームや近隣の建物の影響で太陽の光が当たりにくい場合は状態が悪くなりやすいです。

その点、人工芝であれば日当たりを考慮する必要はほぼありません。天然芝と違って日光を必要としないので、陰になっていることが多い場所でも安心して取り入れることができるでしょう。これを考慮しないまま天然芝を敷いてしまうと、充分な太陽光を浴びられなかった芝の元気がなくなったり、ひどい場合は枯れてしまったりします。

そのため、太陽の光が当たりにくい場所であることがあらかじめわかっているような場合は、何とかなるだろうと天然芝を導入するのではなく、枯れさせてしまうことがない人工芝を初めから選んだほうが、その後も後悔せずに済みます。

 

メンテナンスフリーの人工芝には、天然芝にはない魅力がたくさんあります。導入も簡単で、敷いた後も長持ちしやすいですし、日当たりや土が入れられるかどうかに関係なく取り入れることができるので非常に便利です。美しい芝を長く維持したい、手軽に芝空間をつくりたいという希望がある場合は、メンテナンスフリーの人工芝を選ぶとよいでしょう。

人工芝のおすすめ施工業者5選

商品画像
商品名日本人工芝計画芝人国分グリーンファームたかはし庭園ワイズヴェルデ
特徴安い価格で高品質、そして担当者が優しく誠実全国フランチャイズ網でどこでも高品質人工芝が工事可能な企業芝関連のさまざまなサービスを扱う埼玉の企業「変化」を大事にする庭作りのジェネラリスト海外生産工場から直接買取、自社施工の会社
詳細リンク詳細ページへ詳細ページへ詳細ページへ詳細ページへ詳細ページへ

おすすめ関連記事

サイト内検索
人工芝施工業者おすすめ5選!
日本人工芝計画
芝人
芝人の画像
国分グリーンファーム
国分グリーンファームの画像
たかはし庭園
たかはし庭園の画像
芝本舗
芝本舗の画像
記事一覧