口コミで評判の人工芝の施工業者をおすすめ比較5選でご紹介!【お庭のリフォームやグラウンドの施工にも人気の専門店・会社】

人工芝と天然芝のランニングコストの違い

公開日:2019/04/24  

人工芝と天然芝はいろいろな点が違ってきます。人工芝ならではの利点は多いですが、一体人工芝と天然芝ではどのくらいランニングコストが変わるのでしょうか。

ランニングコストは長期的にかかるのでしっかりと導入費用とともに分析しておきたいところでしょう。そんなポイントもここで見ていきます。

 

どのくらい管理の費用がかかるかについて

人工芝はけっこうメンテナンスをする必要性もあります。もちろん、天然芝よりも遥かに手間も少なくなるとはいえ、それでもある程度の費用はかかってきます。

例えば、人工芝は天然芝と違って勝手に修復しないので、定期的に交換や補修をしないといけないことがあります。また、重量物を人工芝の上に置くと折れ曲がることがあります。人工芝はけっこう脆いものであり、人間の体重以上のものには対応していないものもあります。特にプラスチック製の人工芝はかなり脆いので気をつけておきたいところです。

他にも、人工芝がは日に焼けて変色することもあるでしょう。人工芝も夏場の直射日光に当てると変化しやすいのです。人工芝はプラスチック製のものが多いですが、プラスチック容器を真夏に外に放置しておいたら変形することがあるのと同じことです。

もしも人工芝が踏み荒らされると跡がついてしまって困ることもあります。人工芝は勝手に再生しないので跡がついたら目立つこともあります。

このようにいろいろなことで人工芝が壊れたりすることがありますが、こうした際には補修をすることが大事なのです。補修はケース・バイ・ケースですが、人によっては毎年しないといけないこともあるでしょう。

逆に設置環境が良ければ補修をほとんどせずに過ごせることもあります。補修のコストは数千円から数万円ですが、これもどのくらい人工芝が壊れたのかによっても変わってきます。また、人工芝の取り換えが必要となることも。人工芝も永久に設置することができるというものでもなく、一定期間が経ったら交換しないといけません。

寿命を過ぎてもそのままにしておくと人工芝がもろくなることもあって危険です。人工芝を交換する際にはまた導入時と同じくらい費用がかかってくるのでランニングコストの中では最も金額的にかかるものでしょう。再導入費用は10万円から100万円程度です。これも取り入れる面積で決まってきます。

 

その他のランニングコストについても知っておく

更に詳しく人工芝のランニングコストについて紹介しましょう。上記で紹介した以外にも草取りの手間があることがあります。草取りは人工芝だからといって無縁なわけではありません。人工芝によっては隙間から草が生えることもあります。こうした草を放っておくと景観も悪くなるので対処しておかないといけません。このような草取りの費用も考慮しておくと良いでしょう。

更にランニングコストの中でもサビ取りの費用も考慮しておかないといけません。人工芝によってはサビが発生したりすることもあってかなり危険です。サビが発生したら早く取り除かないとすぐに広まってしまうことも難点でしょう。こうしたサビ取りキットもあるので活用しておくと良いでしょう。

他にも人工芝によってはニオイがかなり発生したりすることがあります。人工芝のニオイはかなり気になるものであり、大変困ることもあります。消臭剤をまかないといけないこともあるのでこうしたランニングコストも考慮しておいてください。

逆に人工芝は天然芝でかかるようなコストがかかりません。例えば、水やりをすることも不要ですし、人工芝は天然芝と違って草取りの必要性も段違いに少なくなるものです。

もちろん、天然芝だと定期的に刈らないといけませんが、人工芝であればこの点は完全に不要です。天然芝は時期によっては大量に枯れてしまって困ることもあるものの、人工芝であればこうしたこともありません。このような人工芝ならではのランニングコストの低さはかなり利点になってくることでしょう。

具体的にどのくらいコストが変わってくるかですが、人工芝は年に数千円も費用がかからないことも。交換や補修の必要性がなければかなりランニングコストを下げられます。

一方、天然芝はかなりランニングコストが高いです。天然芝は月に数万円近く維持費用がかかることもあるのです。このようにコストという点では全く天然芝は人工芝に叶いませんから気をつけておきたいところです。

 

保証サービスなども利用してお得に利用しておこう

こうした人工芝を利用する際には保証サービスなども利用しておきたいところです。例えば、契約時に保証サービスを同時に契約しておけば補修やメンテナンスなども全て業者に任せられることも。その分月の保険料を支払う必要性があるものの、トータル的にはより安くなることがあります。

また、壊れた際にも業者に対応してもらえるので安心でもあります。こうしたことからこれから人工芝を利用する際には必ず保証サービスなどを利用しておきたいところです。

他にも、人工芝を購入する際には補修キットなども合わせて購入すると便利です。こうした補修キットなどがあればより簡単に補修を自分でしていくことが可能になってきます。補修キットの価格もたかが知れているので是非とも購入すると良いでしょう。

こうしたこと以外にも人工芝の利用方法にも気をつけておきたいところです。例えば、こうした人工芝は丈夫とはいえ荒く使うとけっこう壊れやすくなってきます。壊れた場合には紹介したように費用もかかるので、なるべく人工芝を壊さないようにしておいてください。

また、人工芝を壊したらすぐにでも人工芝施工業者に相談すると良いでしょう。そのままにしておくと更に破損箇所が広がると行ったこともありますから危険です。

他に維持費用を下げたいならば人工芝の設置する場所にも気をつけておきたいところです。例えば、あまり人がよく歩くところに人工芝を設置すると破損する確率も高くなってくるのです。他にボイラーなどの付近に置くと熱で人工芝が溶けるといったこともあるので注意しておきたいところでしょう。

このような置き場所についてもじっくりと人工芝施工業者に聞くことによって対応することができます。いずれにしてもコストを下げるためにも適当な設置はしないようにしておきたいところです。

 

人工芝を利用してみたい際には知っておきたいポイントもけっこうあります。例えば、人工芝のメンテナンスはけっこう必要となることも。人工芝の場合、補修の必要性もありますし、交換をしないといけません。

他にも人工芝は錆びることなどもあるので気をつけておきたいところです。こうしたメンテナンスのコストを下げるためにも人工芝を導入する際に保証サービスなどに加入しておくこともおすすめできるものです。

こうしたことについても人工芝施工業者に相談すると教えてくれるのでしっかりと聞いておくべきです。是非ともこうしたポイントを参考にしてみましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧