口コミで評判の人工芝の施工業者をおすすめ比較5選でご紹介!【お庭のリフォームやグラウンドの施工にも人気の専門店・会社】

人工芝はどれくらい丈夫?

公開日:2019/04/24  

人工芝は、商業施設でも活躍しますし、庭でも使うことができ、夏の温度上昇を抑えたり、スポーツを楽しみやすくなるなど、性能にこだわることも大切なポイントです。

安心して使えるように丈夫さに注目したい方は、耐久性の良さでの比較が重要ですし、定期的なケアの必要性を知ることも重要になります。

 

耐久性を確認してから決めることも重要

人工芝を庭に使いたい場合は、ホームセンターなどで資材を購入しDIYで費用を抑えていくこともできますし、業者に依頼してサッカー場や商業施設でも使えるようにすることが可能です。

耐用年数は平均して7、8年持ち、メンテナンスもきちんと行えば10年使える場合もあるため、管理がきちんとできることも重要になります。耐久性は購入する商品によって異なるため、値段の安さばかりに注目をすると2年程度で芝生が寝てしまうなど、使いにくくなる恐れがあります。

一般的にポリプロピレンでできた芝生が多く、様々な場所で使われ、普及が進んだことにより開発も盛んに行われています。利用者のニーズに合わせて商品の開発が進んでいるため、より使いやすくするため、芝葉の形を変えたり、緑をイメージする方も多いですが、いろんな色から選べる商品もあります。

商業施設の場合、建物全体を見て、デザインやカラーにもこだわりたいケースも多く、色や芝葉の形を変えることができれば、細かなところまでこだわっていけます。商品情報を集める際に、丈夫さに注目をして、比較を行うことも重要なポイントであり10年持つなど、品質の高さをアピールする商品を見つけることもできます。

安価な芝生を購入して、短期間で張替えを進める必要があると、手間がかかりますし、維持費も高くなってしまう恐れがあり、商品の質の高さと価格のバランスを考えることは大事です。人工物は、品質が良い物でも使い続けていく中で、どうしても劣化が進んでしまいますが、劣化の原因を知ることにより、長持ちするように様々な対策を取ることができるようになります。

紫外線を浴び続けることによって、変色する可能性があるため、設置する場所の日の当たり方を確認するなど、どのくらい持つかを予測することも重要です。

 

ケアの仕方を学ぶことも大切なポイント

基本的に人工芝はメンテナンスが不要となっていますが、定期的に簡単にできるケアを続けていくことにより、長持ちする可能性を高めていけます。

まず、掃除は基本であり、定期的にほうきを使うなどして、掃除を行うと、芝生の隙間に入ってしまったゴミを取り除けますし、芝生を起きあがらせることができます。芝生が寝たままの状態と見た目が導入当初とは変わってしまいますし、傷みが出てくる可能性があるため、定期的にチェックをすることをおすすめします。

ほうきで掃く作業は、毎日掃除をする方も多いため、空いている時間に簡単に行うことができ、何もケアをしていない状態と比べると、長期間経って違いが出てくる場合があります。庭に人工芝を設置することで、庭でのんびりと過ごせる時間を作れる方もいますし、雑草が生えてくる庭にしたくない方にとっても、管理がしやすくなります。

庭を使うようになると、いろんなものを起きたくなる方も多いため、テーブルやイスを置く場合、負担が大きな場所に注意することが必要です。重たい物を置くことで、その部分の芝生が寝てしまうため、定期的に重たい物の場所を移動させて、同じ場所だけに負担がかかり、傷みが出てくることのないようにすることをおすすめします。そうすると、芝生全体が起き上がっている状態を維持できるなど、見た目も良いですし、長持ちする点も安心できます。

庭でサッカーをしたり、ゴルフの練習をしたいなど、スポーツで芝を使いたい時に、負担がかかることを考えて、定期的に人工芝を交換することを考えていくことにも注目です。2年に1回など、定期的に張り替えることを検討しておけば、安価な商品を購入して設置を進めていっても、傷みを気にすることなく、安心して使えます。

プライベートでスポーツをする目的で使うなど、運動をする環境として問題なく使うことができ、安価な物なら、すぐに張り替えることを想定して使えるメリットがあります。ただし、競技場を運営している業者の場合、練習や試合がしやすい環境となるように、品質にもこだわることは重要ですし、耐久性の比較も重要になります。

耐久性は、芝葉の密度が高いほど上がっていくため、断面をチェックするなど、耐久性の比較もできるように、サンプルをチェックすることをおすすめします。業者からサンプルを取り寄せることもできるため、実物を見て、触ってみるなど、スポーツをする時も問題なく、使い続けることができるものを見つける必要があります。

 

信頼できる業者を見つけることも大事

高価な物を使っている場合でも、人工芝に劣化が見られることがあり、一か所だけ負担がかかる場合は、その場所だけ交換作業を進めていくことで、費用を抑えつつ、大事に使えます。

いろんな目的で使われるため、高価な商品だからといって、丈夫な物ばかりとは限らないことに注目することも重要になります。例えば、遮熱性に注目して、暑い夏の日も温度の上昇を抑えるために性能にこだわる方もいますし、天然芝に近い見た目の商品を購入する方もいます。

丈夫さにこだわる場合は、業者が丈夫な商品であることをアピールしてくれる商品に注目し、丈夫な理由をきちんと知ることも大切です。長期間持つなど、耐久性をしっかりとアピールしてくれる商品を見つけることもできますし、丈夫な物で保証サービスを見つけられれば、より安心できます。

業者が丁寧に対応してくれることも大切なので、信頼できる業者を見つけられるように、比較を進めていくことも大切なポイントです。ホームページで商品や費用に関する情報を紹介してくれるところもありますし、比較サイトを使って、施工業者の違いを見ていくこともできます。分からないことがあれば、業者にメールや電話で問い合わせることができ、スタッフが丁寧に対応してくれると、きちんと理解できますし、対応の良さにも満足できます。

スタッフの対応が悪いと、きちんと仕事をしてくれるか不安に感じる方もいますし、スケジュール通りに作業を進めてくれないなど、トラブルが起こるリスクもあります。実績がある業者なら、口コミ情報をチェックすることもでき、評判が良い業者を見つけることで、初めて施工業者に依頼する方も安心して任せられます。

お客様のニーズに合ったサービスを提供できるように、日々努めてくれる業者もあり、希望を伝えることで、柔軟に対応してくれる業者を見つけることもできます。

 

一般的に人工芝は、7、8年持ち、メンテナンスもきちんと行えば、10年使える場合もあるため、長期間安心して使い続けることができます。

信頼できる施工業者を見つけることも重要なので、スタッフに相談がしやすく、希望を伝えることにより、柔軟に対応できる業者を見つけることにも注目です。業者に問い合わせを行い、サンプルを見せてもらうこともできるため、見た目や耐久性の良さを比較できます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧