口コミで評判の人工芝の施工業者をおすすめ比較5選でご紹介!【お庭のリフォームやグラウンドの施工にも人気の専門店・会社】

人工芝は手入れをする必要がない?

家の庭に手軽に導入しやすいのが人工芝です。導入の際にある程度の初期費用が必要ですが、その分手入れが楽です。

天然との違いは特別なメンテナンスの有無にあるでしょう。それぞれの特性を理解しどちらにするか決めてください。

 

それぞれのメリット・デメリットを理解しよう

芝には人工芝と天然芝がありメリット・デメリットがあります。人工芝の最大の特徴としてお手入れの手間がほとんどありません。

きれいな状態を保つためには定期的な芝刈りが必要です。庭に芝生がほしいけど芝刈りに費やす時間は惜しいという方におすすめです。また、寝転んでも土がつかず雑草によるアレルギーがないのでどんな人でも安心です。

ゴミもほとんど出ないので、最小限のメンテナンスで、常にきれいな緑を見ていられます。人件費や水やり芝刈り代などを含めても総合的に安くなります。狭い庭や天然芝が育ちにくい庭でも問題なく導入できるのも魅力です。

昔は経年劣化がりましたが、最近のものは耐久性に優れており10年は長続きします。便利ではありますが、初期投資が結構かかります。クッション材を入れたり地の浮陸を調整したりきれいに保つためには色々な準備が必要です。そのため自然と高価になってしまいます。また、バーベキューなどで火種が落ちると溶ける特性があります。火を使うなら他の場所にしましょう。

天然にした場合は比較的安価に施工できます。広い面積に施工したいときにはうってつけです。天然なので春から夏は成長して、冬は枯れていきます。季節の情緒を感じられるでしょう。しっかりと手入れすれば裸足で気持ちよく歩ける芝生が可能です。刈れば刈るほど愛着もわいてきます。

デメリットとしては、やはり芝刈りや水やりなどに割かれる時間が多くなることです。手入れをしないと見た目が悪くなるので必須と言えます。こちらはお手入れに関するコストがかかると言えるでしょう。

自分でやるのが大変なら業者の頼むこともできます。これなら心配ありませんが、面積が広いと費用も寄りかかります。しかも、きれいになっても時間がたてばまたメンテンナンスする必要が出てきます。お金に余裕がないと維持費用で少々つらいかもしれません。

天然芝はホームセンターや園芸店で購入できます。品種にもよりますが平均で1500~3000円となります。初期費用はリーズナブルなので、DIYで敷くとより費用が抑えられます。

プロに依頼するといくつかなお作業コストが発生します。1㎡で3000~6000円が平均相場です。諸費用を含めると1万円以上となるでしょう。費用はかかりますがプロによる丁寧な作業は安心感があります。

広いお庭なら作業する時間が省かれるので便利です。人工芝をDIYで行うと1㎡6000円となり、材料費しかかかりません。手順をきちんと守って作業すればきれいなお庭が完成します。

分からないことがあればホームセンターのスタッフなど詳しい人に話を聞くのもありです。工事を頼む場合、人件費や作業費を考慮して1㎡1万円くらいが目安です。高額になりますが、プロに頼めば土の状態が悪い場所でも問題なく導入してくれます。

そのような場所を頼む際は遠慮なく相談してください。特に普段お勤めされてる方が、休日にお手入れをするとある程度の時間がつぶれてしまいます。人工なら手入れが不要なので、時間に余裕をもってお庭を楽しむことができます。

将来的にお手入れをしないのであれば最初から人工を選ぶのも手です。芝生の成長を観察しながら育てたい方はぜひ天然芝にチャレンジしてみましょう。

 

細かいゴミは工夫することできれいに除去できる

人工芝はメンテナンスの必要がほとんどありません。天然芝は常に芝生の長さや土地を整えるなどメンテナンスが必須です。人工なら長さがずっと一定ですし、土地も整えてしまうので導入後は手を加えません。

しかし、導入後は細かいゴミなどは発生する可能性があります。この場合は掃除機で吸うだけで問題ありません。もし髪の毛などが絡まってしまった場合は少々注意が必要です。掃除機のヘッドを押し付けすぎると逆に奥に行ってしまうことがあります。

また、品質があまり良くなければ縫い付けてあった芝が取れるリスクがあります。無理にヘッドを押し付けずに優しく掃除機を当ててください。細かいゴミがたくさんあるなら送風機を使って飛ばしましょう。ホームセンターにある送風機は強い風が出るので、風の力でゴミなどが簡単に飛びます。小型の送風機なら3000円くらいなので購入してみてもいいでしょう。

 

家にある道具で掃除しよう

特別なメンテナンスを必要としませんが、お手入れをした方が結果的に長持ちします。必要な道具は掃除機や箒など家庭にあるもので充分です。

週に1回軽くやるだけでもきれいな状態を保てるでしょう。人工芝を屋外に敷いている場合、風で土や砂が人工芝に入ってしまいます。少しなら問題ありませんが、長期間溜まるとクッション性や水はけが悪くなる原因になります。

機能性を保つためにも定期的に取り除くことをおすすめします。少量の土や砂は細かいゴミと同様に掃除機で吸って掃除できます。しかし、量が多ければ掃除機でむやみに吸い込むのはやめましょう。掃除機は砂の吸い込みに対応していないことが多く、最悪掃除機が壊れてしまいます。

水はけが良ければホースでさっと洗い流せば大体の砂は取れます。この時溝が詰まったりしないように注意ししょう。送風機で吹き飛ばすのも一つの手です。

大きいごみは箒や熊手で掃けばすぐに取れます。人工は天然とは違い、落ち葉が地面に残ったままで栄養とはなりません。掃除機でも可能ですが芝を痛めないためには箒の方が良いしょう。

昔ながらの竹箒やナイロン製の箒どちらでも問題ありません。長く人工芝を敷いていると芝が寝てしまう部分があります。特に人が良く歩く場所だけ寝てしまうことが起こりがちです。

寝ている芝はデッキブラシで起こしてあげることで、しっかりと草が立ちます。まず芝目を逆にしてブラッシングするだけで完了です。目詰まりの解消にもなるのでお手入れとして定期的にやっていきましょう。重さで寝てしまわないように日ごろからいくつかの点にも気を付けます。

ガーデニングをする方は植木鉢など重いものを長時間置くのはやめましょう。パイルが倒れて戻りにくくなります。どうしても重いものを置かないといけないなら、定期的にデッキブラシで起こしておきましょう。

また、車が通る場合も注意が必要です。ハンドルの切り替えしやブレーキによって傷みやすくなってしまいます。芝生のうえでの走行はあまりしない方が良いかもしれません。

お庭でお茶やジュースなどをこぼしてしまったら、ぬれた布で優しく拭いたらきれいになります。もし飲み物に砂糖が入っていたら芝に貼りついてベタベタになってしまいます。カビになる前に拭いたり水で洗い流しましょう。

人によっては忙しくて時間が確保しづらいかもしれません。そんな時は汚れがつきにくく加工されている人工芝がおすすめです。これなら問題なく芝を楽しめます。

 

芝というと、状態を保つために定期的にきれいにしないといけません。人工芝なら季節と問わずきれいな芝生を保てます。特別なメンテナンスは必要ありません。

しかし人が出入りするうえで細かいゴミや砂などはどうしても発生します。そんな時は掃除や箒を使えば大体の汚れは解決します。しかも、特別な道具をほとんど必要としません。

気軽に芝を楽しみたいならぜひ人口芝を導入してみましょう。最近では汚れが付きにくい機能性をもったタイプも登場しています。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧