口コミで評判の人工芝の施工業者をおすすめ比較5選でご紹介!【お庭のリフォームやグラウンドの施工にも人気の専門店・会社】

人工芝の下に防草シートを敷くメリットとは?

手間をかけずに綺麗な芝を手に入れることができるということからも、人工芝を利用している人は多くいます。

とは言っても、屋外で利用する場合は時には雑草の被害にあってしまう可能性もあるので注意が必要です。

雑草対策としては防草シートを利用していますが、シートを利用することによって得られるメリットはあるのでしょうか。

 

雑草が生えないようにするための対策

実は人工芝自体ははめ込み式のものもありますが、シート状になっているものも存在しており、好きなものを選ぶことができます。ただ、コンクリートの上や屋内で利用する時はそれほど気にする必要はありませんが、土の上などで利用する場合は雑草に対しても配慮しなければなりません。

雑草対策をしっかりと行わないと、芝が汚い見た目になってしまうだけでなく、地面との間に湿気がたまりカビの原因ともなりうるからです。衛生的に、そして見た目も良い状態で利用するためにも、まずは雑草対策を正しく行うことが重要となってきます。

そこで便利な方法として利用されているのが、防草シートと呼ばれるもので、一般的には人工芝の下に敷いて利用します。通常、人工芝には隙間があるので、多かれ少なかれ地面には光が届いてしまい、そこから雑草が生えていきます。

雑草自体は光や熱、あとは水分などがあれば簡単に育ってしまうだけでなく、その成長のスピードはかなり早いので注意しなければなりません。また、上に人工芝を敷いておけば大丈夫だと思われることもありますが、そもそも雑草対策ではなく手軽に芝生を堪能するために作られているものなので、雑草を抑える役割はありません。

したがって、芝を編み込んだ隙間や、つなぎ目などからどうしても日光が土に届いてしまいます。そのため、雑草をできるだけ生えないようにするための工夫が必要不可欠となると理解しておきましょう。

 

防草シートを利用して行う雑草対策

一般的に雑草対策としては防草シートを利用する方法がよく選ばれており一定以上の効果を期待することもできます。シートの使い方は非常に簡単で、ただ利用したい人工芝の下に敷くだけで済み、それ以外のことをする必要は一切ありません。

これによって雑草が生育する条件の一つである日光を遮ることができるので、もう雑草で悩まされることはなくなります。今生えているものだけでなく、地面に埋まっているタネの発芽、さらに地下茎で増えていくタイプにも対応可能です。

防草シートをしっかりと敷くことができれば草取りを定期的にする必要もほとんどありません。また除草剤とかを使う必要もないので、その上でお子さんやペットが遊ぶという時でも安全だといえます。

したがって、今まで雑草対策として色々と時間をかけてやってきたという人も、専用のシートを上手に活用すればもう雑草に対してのストレスもなくなります。ただ、実際にシートを利用する場合は、雑草を前もって綺麗に取り除いておく方がより効果的だといえます。

またその際は土の上に出ている部分だけでなく、根っこもしっかりと取り除くようにしておきましょう。そうすることでより雑草が生えにくい環境をあらかじめ作っておくことができるようになるからです。

またシートはただ敷くだけでなく、まずは綺麗に整地した箇所に敷きずれないようにピンなどを利用して固定しなければなりません。そうしてできるだけ日光を地面に届けないようにすることで、いつまでも綺麗な芝の状態をキープできるようになります。

ちなみに、防草シートは色々なタイプが売られていますが、できるだけ高い効果を実感したいのであれば、遮光性が高いものを選びましょう。その方が地面に届く日光の量が少なくなるので、より雑草が生えにくくなる環境を作れるからです。

またシートには主に二種類あり、織布でできているタイプと不織布でできているタイプがあります。どちらのタイプでも最初は高い防草性が期待できますが、織布の方はどうしても織ってあるのでその隙間から日光が地面に届いてしまいがちです。ですから、できれば織布のタイプではなく、不織布のタイプを選ぶようにすると良いでしょう。

 

防草シートを活用することによるメリット

防草シートを利用することによって、何も使っていない時と比べるとはるかに雑草が生えにくい環境を作ることができます。シート自体は遮光性があるので、活用することで雑草が生える条件の一つである日光が地面に届きにくくなるからです。

だから、雑草が生えてきてしまうので定期的に草取りをする必要もなく、手入れがかなり簡単になるというメリットがあります。もちろんタネの発芽を抑える効果も期待できるし、地下茎で増える草も生えにくくなるので、色々な種類の草に対応しています。

また、シートを利用することはただ単に雑草が生えにくくなるということだけではなく、それ以外にもメリットがあります。例えばその一つが人工芝の劣化をできる限り抑えることができるので、張り替えのスパンが長くなるということです。

屋外で利用する時は雨や風にさらされてしまうのでどうしても劣化は進んでしまいますが、雑草によるダメージは抑えられます。雑草は種類によっても違いますが、結構成長のスピードが早く、さらに上に伸びる力もかなり強いものも少なくありません。

修理によっては芝を突き破ってしまうこともあるのですが、シートを利用すればつきやぶられる心配も減ります。つまり、破れたりすることが少なくなるので、長い間張り替えることなく同じものを利用することができるというわけです。

また、張り替えを頻繁に行う必要が出てくるということは、ただ張り替えの手間がかかるということだけではなく、費用も高額になってしまいます。しかし張り替えのスパンが長くなるということは、その分費用も安く済むというメリットもあると言って良いでしょう。

できるだけ綺麗な状態で人工芝を利用したいなら、雑草対策は正しく行う必要があるといえます。その点、地面にシートを貼れば、雑草がたくさん生えてきてしまうというのも防げるだけでなく、綺麗な状態の芝もキープできます。

シート代なども発生しますが、その分のお金を払っても敷くメリットは十分あるといって良いでしょう。実際に費用などの問題、さらにシートの効果に対する疑問から敷くかどうか迷っている人もいるかもしれません。ただ、やはり高い効果が期待できるので、もし敷くかどうか悩んでいるという時は、できれば敷く方で検討してみてはいかがでしょうか。

 

雑草は水、日光、熱、土などの条件が整っていると生えて育っていき、さらにその成長のスピードはかなり早くなっています。人工芝を利用した時も、何も対策をしていないと芝の間から日光が地面に届いてしまうので、簡単に草が生えてきてしまいます。

ですから、雑草対策として防草シートを利用し、できるだけ地面に日光が届かないようにしましょう。シートを利用することによって雑草が生えることだけでなく、成長して人工芝を突き破ってしまったりすることも防げます。それによって、芝をいつまでも綺麗な状態で利用できるようになり、草取りなどの負担もかなり軽減されます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧