口コミで評判の人工芝の施工業者をおすすめ比較5選でご紹介!【お庭のリフォームやグラウンドの施工にも人気の専門店・会社】

人工芝は雨が降ると滑る?

公開日:2019/05/15  最終更新日:2019/04/24

芝の上で寝転がったり、サッカーなどのスポーツを楽しむ方も多く、歩いたり、走り回ったりする際に、天気が悪く、芝が濡れて滑らないか心配する方も多いです。

確かに、芝が濡れることで、天然芝も人工芝もどちらも滑る可能性がありますが、水はけが良くなるようにしっかりと下準備をして、安心して使える環境に変えていけます。

 

水はけ用の穴がある人工芝に注目

運動場や庭に天然芝を敷き、走り回ったり、のんびりと過ごせるようにしたい方もたくさんいますが、天然芝は、きちんと管理しないと枯れてしまうことがあります。芝刈り機を使って手入れをしたり、水やりや肥料を与えるなど、状態を見ながらしっかりと管理をすることが重要なので、手入れの難しさを感じる方もいます。

人工芝は、下準備をきちんとすれば、雑草が生えにくくなりますし、天然芝とほとんど変わらない見た目で、触り心地が良い物もあり、寝転がっても土がつかない点は魅力です。注意点として、濡れてしまった時に芝が滑るのかを確認してから、きちんと対策を取り、安心して使える環境にすることが求められます。

梅雨の時期に、雨が降る日が続くと、芝が濡れて滑りやすくなる可能性があり、家族が転んで大けがをする恐れがありますしスポーツ選手のケガにもつながります。例えばサッカーをする方で、雨が降っている状態の芝を気にする方も多く、滑らないように気を付けながら練習や試合をする方も多いです。

人工芝はいろんなタイプがあり、触り心地の良さだけではなく、濡れた時の滑りやすさを比較しながら、安心して使える商品を見つけることが重要です。業者に相談をする際にサンプルを用意してくれる業者もあるため、触り心地の良さや品質の良さだけではなく、水はけの良さをチェックすることも必要になります。

業者に施工を依頼する際に、雨が降っても水が溜まらないように、下地に水はけ用の穴があると、水がたまりにくい状態になるため、安心できます。費用を抑えることを考えて、DIYで芝を敷く方は、下準備をしっかりとして、水はけ用の穴を開けることもきちんと考えて対策を取らないと、雨が降り、滑る可能性があることに注目です。

天然芝だけではなく、人工芝も雨が降ると滑る可能性があるため、きちんとした準備をして、水はけを良くするための対策を取ることが求められます。自宅に芝を敷く際に、コンクリートの上に芝を敷きたい方もいたりと、状況によっては、打設し直す必要が出てくる場合があります。

素人では難しい作業となる場合もあるため、実績があり、スタッフに相談をすることで丁寧に対応してくれる業者を見つけ、安心して任せられることも重要になります。

 

水が溜まりにくい環境にすることも大切

水はけ用の穴があっても、たくさん雨が降っている時は、水がどんどんたまってしまう可能性があるため、人工芝を敷く場所の水はけを良くすることが重要です。芝を土の上に敷く場合、天気が悪い時に、事前に庭の状態を確認しておき、水たまりができる箇所がないかを調べることをおすすめします。

水たまりができる原因はいくつかあり、粘土質の土で水がなかなか染み込まなかったり、地盤が固いなど、原因があるため調べることは大事です。水はけが悪い土の上に芝を敷いても、カビが発生してしまう恐れがありますし、害虫が発生する可能性もあるため、庭に芝を敷く際に、生活しにくい環境になる恐れがあります。

雨が降る以外にも、風通しの良さも確認しながら、湿気が溜まりにくい空間となるように、事前に対策を取ることが必要です。業者に依頼する場合は、業者に相談をして対処してもらうことができますが、費用を抑えられるようにDIYを進めていく場合、自分で水はけの良い土壌に変えることに注目です。

DIYの場合、費用を抑えて、あまり手間がかからない方法を取り入れることで、スムーズに人工芝を敷くための作業を進めていくことができます。固い土の庭に溜まる雨水の多くが、表面で排水されるため、地面に少し勾配を付けることにより、表面の水がスムーズに流れていきます。

水たまりができてしまうと、定期的に対処が求められるなど、手間がかかるため、事前に下準備を進めておくことで、ストレスなく使える庭に変えられます。業者に依頼する場合、パイプを地中に埋めてもらうなど、土を少し掘ってもらい、勾配を付けて、水が流れていく仕組みの排水路を作ってもらえます。

土に問題がある場合は、業者に水はけの良い砂利などを敷いてもらうことができ、トラックで砂利を運んでくれるなど、手間なく水はけの良い土壌に変えていけるメリットがあります。人工芝は、品質が高い物も多くあり、スポーツ用に使うこともできるため、運動場や庭でゴルフの練習場を作るなど、様々なことで採用されています。

雨が降っている時に、転んでけがをすることがないように、事前に業者に相談をして、水はけが悪い場合は、状態をチェックしてもらい、対策を取ってもらうことが大事です。

 

長持ちさせるためのポイントを紹介

業者にサンプルを取り寄せて、品質が良い物を探すことも大切ですし、長期間使い続けることができる耐用年数が長い物を見つけることもできます。価格が安い物だと、2年程度で寝てしまう可能性があるため、丈夫な物を使うことを考えて、情報収集を進めていくことをおすすめします。

人工芝は、天然芝と違い、メンテナンスが不要なので、美しい状態を長期間維持してくれますし、一度芝を敷けば、手入れをしなくて良くなるメリットは大きいです。人工芝は、劣化が少しずつ進んでいくため、状態の良さを維持していくことができるように、簡単にできる長持ちさせるためのポイントを頭に入れておくことは大事です。

ほうきやデッキブラシなど、ホームセンターなどでも簡単に購入できる物で、掃除をすることで、ゴミを取るだけではなく、葉を起こすことができます。また、植木鉢など、重たい物を長期間、同じ場所に置き続けていることで、葉が寝てしまう恐れがあるため、定期的に場所を移動させることをおすすめします。

重たい物で葉が寝てしまうため、車を使う場合も、ブレーキやハンドルの切り返しなど、葉に負担がかかり、切れてしまうことのないように注意が必要です。特にスポーツ用で使う芝の場合、けがをしないようにするためにも、定期的に手入れをすることはとても重要であり、専用のメンテナンスマシーンを使うことにも注目です。

運動場の場合、広さがあるため、専用のメンテナンスマシーンを用意したり、弾力性を維持するためのケアを行い、転んでもケガをしない状態に仕上げることは大切です。高品質で価格の安さも魅力の商品もあるため、幅広く情報を集めて、バランスの良い商品を見つけられるようにすることも重要になります。

 

人工芝が濡れた時は、滑りやすくなる可能性があり、転んでケガをしないように、一人一人が注意する必要があります。滑りにくい状態にするため、水はけを良くするための下準備は重要になります。

水はけ用の穴があることも大切ですし、水はけの良い土壌に変えていけるように、対策を取ることも大切です。土壌を良くするための対策は、DIYで費用を抑えつつ、自分で進めていく方法もありますが、より確実に水はけが良い環境に変えていけるようにするため、業者にチェックしてもらい、適した方法を提案してもらい、職人に任せることをおすすめします。

水たまりができる場所があれば、そのまま芝を敷いても、トラブルが発生する可能性があるため、水がたまりやすい個所は特に対策を強化することが求められます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧