口コミで評判の人工芝の施工業者をおすすめ比較5選でご紹介!【お庭のリフォームやグラウンドの施工にも人気の専門店・会社】

庭の雑草を抜く時期は?おすすめの草むしり方法や注意点を夏に向けてチェックしておこう

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/05/08

夏になると日差しが気持ち良くなり、自宅に庭がある場合は草むしりを定期的におこなわないと、いろいろな草がたくさん生えてしまいます。しかし毎年草むしりをおこない続けるのは大変ですから、人工芝を取り入れるのも一つの方法です。人工芝を敷いている自宅であれば、草むしりをおこなう必要もなくなり、とても楽です。

雑草の種類で草むしりを開始するタイミングが違う

雑草はネーミング通りに人間が生活をしていくうえで必要のない草が該当してきますが、1種類だけでなくいろいろな種類の草が存在するので、草むしりをするタイミングにも違いが発生してきます。

一年草や多年草が存在しますが、一年草は春と秋に発芽する特徴があるので、基本的には春と秋に草むしりをするのが適切です。抜くタイミングとしては草が生えてきて目に見えるようになった段階で抜いてしまうのが、ベストなタイミングです。

初期の段階であれば根の張りだし具合が弱いので、手を使用して簡単に引っこ抜くことができます。春の段階で本格的に草むしりをしておけば、秋に生えてくる草の量は減っている筈なので、秋の段階でも同じように初期の時点で抜いてしまえば、翌年に生えてくる草の量が減ります。

秋の段階で生えてきた草は放置していても勝手に冬に近づくにつれて枯れていきますが、根の部分は生きています。根が生き残っていれば、翌年に成長した根から再び草が生えてきますし、根が成長することで、生えてくる草の量が増えてしまうので、少し放置をするだけでも庭が草だらけの状態になってしまうのです。

一年草は春や秋の決められた時期に生えてくるのに対して、多年草は季節に関係なく生えてきますから、目に見えた段階で草むしりをする必要があります。一年草も根が生きていれば常に生えてくるので大変ですが、冬などの時期には目立たない状態になるので、多年草よりはマシです。

多年草は夏や冬に関係なく成長していくので、根がより強くなりやすく、成長してしまうと簡単に引っこ抜くことができなくなります。しかも引っこ抜くときに根が地中に残ってしまうと、再び雑草が生えてくることになるので、草むしりに終わりがなくなってしまいます。

そのため多年草の場合は常に庭の状態を確認しておき、少しでも生えてきた段階で草むしりを開始するのが大切です。多年草でも初期の段階であれば一年草と同じく、根が成長していないので、手で簡単に取れますから、早めに対策をするのが重要になります。

雑草が成長してしまったら装備を揃える必要がある

一年草や多年草の雑草で大変なことになってしまったら、素手で草を抜くのは危険です。成長した草は想像よりも抜くのに力が必要になりますし、根も抜く必要があるので、表面の部分だけをちぎっても効率が悪くなります。

まず軍手を用意する必要がありますが、軍手は草の生え具合が初期の段階でも用意しておくと手が汚れる心配が少なくなります。もし指などを怪我している状態であれば、基本的には草むしりは怪我が治ってから開始したほうがいいですが、他の日に時間の確保が難しい場合は絆創膏で怪我をしている部分をカバーして軍手をつければ、手を保護することができるので、草むしりをおこなうことは可能になります。

一年草は春と秋に草むしりをしますが、春や秋にも虫が存在しますし、多年草の場合は夏にも草むしりをしますが、蜂などの危険な虫が発生してきますから、着る洋服も長袖タイプなどにしたほうが安心です。春や夏に長袖を着ると暑くなりますが、虫刺されなどのトラブルが発生するのを未然に防げるので、意識したいポイントになります。

初夏などの暑さが厳しくなってくる時期に草むしりをする場合は熱中症対策として、水分や塩分などをすぐ補給できるように入念に準備をしておく必要がありますし、時間や日数をかけて徐々に草むしりをしていくのが安全です。

軍手で力をいれて根まで引っこ抜けるレベルの草であれば、軍手だけでも問題ありませんが、手の力だけで抜くのが厳しい場合は、道具を使用するのがベストになってきます。草むしりに使用できる道具にはいろいろあり、スコップや鍬などを用意すると便利です。

草を刈るための鎌や草刈り機なども役立ちますが、目に見える範囲の草を除去するだけで根を取り除けないので、毎年作業をする必要があります。スコップや鍬であれば、土を掘り起こしながら除去していけるので、雑草の根にダメージを加えられます。

しかし成長した根は地中深くまで到達している可能性があるので、完璧に問題を解決するのは難しいです。そのため草むしりの負担を軽減するには除草剤を利用する方法もあり、除草剤は根に作用して草の成長を止めてくれるので、簡単に草を少なくすることができます。

ただ家庭菜園などをしている場合は除草剤を使用すると育てている野菜の部分にまで悪影響がでてしまう可能性もあるので、住宅の環境によっては利用するのが難しいです。

業者を利用すれば簡単に悩みを解決できる

個人的に草むしりをしていくと、腰を痛めてしまったりして、途中で諦めてしまうケースがあります。草むしりを途中で諦めてしまうと庭がどんどん荒廃化していくので、大変です。そんな状態になる前に専門の業者に依頼をすれば、問題を簡単に解決してもらえます。

草むしりを専門的におこなっている業者も存在しますが、人工芝を施工してくれる業者を活用すれば、雑草の悩みを解決できるだけでなく綺麗な庭を手に入れられます。人工芝の施工をしてくれる業者は数多く存在するので、サービスの内容や料金を確認して利用したい業者を選べるのがメリットです。

人工芝を敷くときに雑草が生えていれば、雑草の処理から対応してくれる業者も存在するので、とても頼りになります。人工芝はネーミング通りに人工的に作られた芝なので、敷いた芝が伸びてしまう心配もありませんし、枯れてしまうようなこともありません。

また高品質の人工芝であれば、10年以上は綺麗な状態で設置しておけるので、一度サービスを利用してしまえば、本格的なお手入れをしなくて大丈夫になります。草むしりの負担が軽減されるだけでなく、夏や冬などの季節に左右されずに綺麗な芝を実現できるのが、嬉しいポイントです。

人工芝の施工は草むしりを自分の手でおこなうよりも費用の負担が大きくなりますが、庭のお手入れの負担が大幅に軽減されることを考えれば、コストパフォーマンスに優れているサービスになります。

 

自宅の庭を綺麗にするためには雑草を抜く必要があります。雑草には一年草や多年草といった種類が存在しますが、一年草は春や秋の初期の段階で草むしりをするのがベストになり、多年草の場合は時期に関係なく生えてきた段階で抜いてしまうのが大切です。

長期間放置すると根が地中深くまで張りだしてしまうので、素手で抜くのが無理になり、スコップや鍬などを使用して根をしっかり取り除くことが重要になります。自力で毎年草むしりをするのが大変な場合は、人工芝を施工業者に依頼して敷いてもらえば綺麗な庭を簡単に手に入れられます。

人工芝は10年以上品質が維持される商品もあるので、利用すれば草むしりなどの心配が長期間解消されるので、とても魅力的です。

人工芝のおすすめ施工業者5選

商品画像
商品名日本人工芝計画芝人国分グリーンファームたかはし庭園ワイズヴェルデ
特徴安い価格で高品質、そして担当者が優しく誠実全国フランチャイズ網でどこでも高品質人工芝が工事可能な企業芝関連のさまざまなサービスを扱う埼玉の企業「変化」を大事にする庭作りのジェネラリスト海外生産工場から直接買取、自社施工の会社
詳細リンク詳細ページへ詳細ページへ詳細ページへ詳細ページへ詳細ページへ

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧