口コミで評判の人工芝の施工業者をおすすめ比較5選でご紹介!【お庭のリフォームやグラウンドの施工にも人気の専門店・会社】

人工芝で火災が起きやすくなる?

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/05/24

人工の芝生施工を依頼する際に気をつけておきたいことは多いです。例えば、人工芝生は火事の危険もあります。

こうしたことは芝生施工業者があまり教えてくれないこともあるのでここでこうした人工の芝生ならではのデメリットをしっかりと理解しておきたいところです。

 

人工の芝生と火事について詳しく紹介

人工の芝生は火事になりやすいのかよく聞かれることがあります。これは人工の芝生を施工する際には必ず理解しておきたいところですが、実際には人工の芝生が火事になりやすいかはかなりケース・バイ・ケースです。

例えば、住んでいる地域によっては人工の芝生が燃えやすいこともあります。特に南国では人工の芝生も常に強い直射日光にさらされて火がつきやすくなることがあるのです。加えて強い直射日光に常に当たっていると変色してしまったなんてケースもあります。

だからこそこうした地域で人工の芝生を設置する際には火事に強い人工の芝生を選んでみてください。他にも設置する場所も大事です。人工の芝生を日陰などに設置するとそれだけ火事になることも少なくなってきます。

しかし、ボイラーの近くなどに設置すると思わぬ火事になることもあるので気をつけておきましょう。人工の芝生の種類もポイントになってきます。

人工の芝生によっては火事に特に強い素材が用いられていることも。やはりプラスチック製の人工の芝生よりもメタル製の人工の芝生のほうがかなり火事に強いです。とはいえ、メタル製の人工の芝生はかなり高いですし、肌触りもあまり良くないことがあるので気をつけておきましょう。

更にプラスチック製の人工の芝生であっても特に耐火性能が強いものもあります。もしも火事を気にするといった際にはこうした人工の芝生を用いてみてください。こうした人工の芝生の種類についても人工芝生業者に相談することで詳しく紹介してもらえますから安心できます。更に人工の芝生を植える土壌もポイントです。

もしも雑草が生えやすい有機質豊富なところに植えると人工の芝生を植えた後に雑草が生えてきて燃えやすくなることがあります。一方、荒れ地に人工の芝生を植えればそれだけ雑草なども発生しにくくなってかなり火事になることも少なくなってきますからおすすめできます。

 

天然の芝と人工の芝生を比べてみることもおすすめ

このように人工の芝生であっても火事になることもあります。また、人工の芝生と天然の芝のどちらが火事になりやすいかも知っておきましょう。人工の芝生だからといって火事にならないといったこともありません。

基本的には天然の芝よりも遥かに人工の芝生のほうが火事になることが少なくなってきますが、これは一般論でしかありません。天然の芝も定期的に水やりしたり生えすぎた箇所を減らすことによってかなり火事になることが少なくなってきます。

人工の芝生も燃えにくいものの設置場所などを謝るとそれだけかなり火事になることが増えてきます。大事なのはどのように人工の芝生を管理するかということなのです。実際に火事になったらどうするか困るかもしれませんが、この店についても理解しておきたいところです。

まず、人工の芝生と天然の芝では火事になった際の対応も異なってきます。人工の芝生は一気に燃えることはないのですが、下部などでもえていることもあってもえているのがわかりにくいことがあります。

逆に天然の芝はもえだすと一気に火が広まるので気をつけておきましょう。人工の芝生は火災になったり燃えると有害な成分を放出することもあります。

プラスチック製の人工の芝生だと燃えると有害物質もけっこう出るので気をつけておきましょう。こうした人工の芝生がもえた際には専門業者を読んで対応してもらうかマスクなどをつけてなるべく煙をかがないようにしておいてください。

また、人工の芝生は実は天然の芝よりも火事になった際の対応が難しいです。こうした煙の存在もありますが、なんと行っても天然の芝の場合にはスプリンクラーを起動させればすぐに火も消えますし、水場も近くにあることが多いです。

しかし、人工の芝生は水を与えることがないためにスプリンクラーなどもないことが珍しくありません。だからこそ人工の芝生だからといって軽視せずに火事になった際に備えて近場に水を用意しておくと良いでしょう。

火事になった際の対応はかなり大変ですが、もしも実際に火事になったら芝生施工業者に電話しておくこともおすすめできます。芝生施工業者によっては無料で人工の芝生を交換してくれることもあります。

他にも芝生施工業者によっては補償が適用されるといったこともあるので利用しておいてください。火事は危険ですが、火事にならないようにする工夫もけっこうあります。

例えば、定期的に水やりをすると良いでしょう。人工の芝生であっても水やりをすれば地面がしっとりして虫なども発生してこなくなりますからおすすめです。水やりを自動化したいならばスプリンクラーを導入するのも良いでしょう。

スプリンクラーがあればもしもの際にも火事をすぐに消すことができるようになってきます。更に人工の芝生を密集させないようにもしておきましょう。施工時に適度に間隔を開けてもらうように依頼することによって大変火事になりにくくなってくることもあります。

だからこそ人工の芝生を施工する際にはこうした店についても相談しておくべきです。更に人工の芝生が火事になりやすいのは夏です。こうした時期は特に気をつけておきましょう。

例えば、夏場は人工の芝生に水やりを頻繁にしておくと良いでしょう。他にも人工の芝生をこうした時期は取り除くということもできるのでいろいろと工夫しておくようにしておいてください。

 

他のトラブルもけっこうある

こうした火事はかなり困るものです。火事になった際に備えて保険にも入っておきたいところですが、火事以外のトラブルもけっこうあります。例えば、人工の芝生から虫が発生することがあります。

人工の芝生は虫がつかないと思われがちですが、人工の芝生であっても虫の住処になることがあるのです。他にも人工の芝生は滑りやすいものでもあります。人工の芝生は滑りやすいのでなるべく歩かないようにしておくことも大事になってきます。

更に人工の芝生は地震などが起こるとかなり大変です。地震などによって人工の芝生が地面から浮いてしまうこともありますし、交換が必要となってくることも。このような店についても気をつけておきましょう。

このような人工の芝生ならではのトラブルについても利用前に店にしっかりと聞いておくことが大事です。もしもの際の補償がないかも聞いておくと更に良いでしょう。

いずれにしても人工の芝生も天然の芝と同じようにメンテナンスフリーというわけではありません。だからこそ人工の芝生の施工が終わったら放っておかないで定期的にチェックしておきたいところです。

 

人工の芝生は火事になってしまうことがあります。人工の芝生が火事になったら早く対処しておきたいところです。

また、天然の芝と比べてみると火事になることが少ないのですが、火事になった際の対応が大変なので気をつけておきましょう。火事になったらなるべく早めに消防署などに連絡して対処してもらうようにしておきましょう。

人工の芝生は他にもいろいろなトラブルがあることがあるので導入前にしっかりと人工の芝生ならではのデメリットも理解しておきたいところです。こうしたことも人工の芝生の施工業者からいろいろと聞くことができるので心配いりません。

 

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧