口コミで評判の人工芝の施工業者をおすすめ比較5選でご紹介!【お庭のリフォームやグラウンドの施工にも人気の専門店・会社】

人工芝のサンプルを見ることはできる?事前にチェックしておきたいことは?

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/09/09

家に天然芝を置くと雑草などの処理は手間がどうしてもかかってしまいます。メンテナンスの手間を抑えたい人には人工芝がおすすめです。その名の通り人工的に作られた芝で手入れも簡単なアイテムです。きれいな庭を一年中楽しめるのが魅力です。現在、さまざまなメーカーから販売されており、興味のある人はサンプル請求することも可能です。

メンテナンスが楽で気軽に設置できる

人工芝は掃除が非常に楽にすむのが特徴です。ゴミはほうきで掃けば取れますし細かいごみはハンディ掃除機で解決します。竹ぼうきで掃けば掃除とメンテナンスが同時におこなえて便利です。

天然芝のように草むしりや芝刈りをする必要もありません。長期間家を留守にしていても安心です。メンテナンスが不要ということはかかる費用も発生しません。高品質な製品を購入して高い技術で施工して貰えば10年以上は長持ちします。

初期費用が掛かりますがメンテナンスにかかる労力やコストを考慮するとコストに優れているといえます。ガーデニングに関する知識や技術がない人にはメリットとなるでしょう。

天然芝と違ってコンクリートの上に敷いて緑化することが可能です。庭だけでなくベランダや駐車場なども気軽に緑化しましょう。日当たりの悪いベランダや部屋の中も問題ありません。緑化するのに場所を選ばないので天然芝の問題を簡単に解決できます。

最近ではグリーンだけでなくグレー・ブラウン・ピンクなどさまざまな色が販売されています。イメージに合わせてアクセントとして使えばおしゃれなエクステリアになるでしょう。色を使い分けて境目を付けることも可能です。

メリットは多いですが天然芝よりも熱がこもるので夏は暑くなるのは注意が必要です。葉は人工的に作られた繊維なので日光を吸収して熱をこもってしまいます。夏に裸足になって遊ぶなら遮熱効果が高い製品を選びましょう。

しかし、枯れることはないので天然芝のように冬に枯れてしまうことがありません。積雪にも耐えられるように作ってあるので積雪が多い地域に特におすすめします。除雪作業は雪をスコップで取り除いたら水を撒いて溶かせば完了です。

ツルツルしているので雨や雪の日は滑りやすい点は注意しましょう。除雪時に転んでけがをしないよう気をつけてください。天候が悪い日は慎重に歩くかなるべく歩かないようにします。

天然芝の場合、問題となるのが害虫のです。人口の場合は施行をきちんとおこなえば害虫のエサとなる雑草を防げます。水たまりはできにくいので害虫が増える心配はありません。天然芝よりも虫は少ない傾向にあります。もしたくさん害虫がわく場合は施工に問題がある可能性があります。自信がなければ専門の施工業者に依頼すればトラブルを未然に防げます。

それぞれの特徴を把握して製品を決めよう

まずはパイルの長さです。芝の葉のことをパイルと呼び、ショートパイルとロングパイルの2種類にわけられます。ロングパイルは芝の上でおこなうスポーツに利用されています。葉っぱは長いので一般家庭では使うことはほとんどありません。家庭用の製品はだいたい20~45mmの長さが一般的です。

長いほどクッション性が高まり触り心地がふかふかになります。その分長いとより熱がこもりやすいデメリットも発生します。長めの芝生が好きなら長めの製品でもいいでしょう。長さと同様にパイルの密度も大切な要素となります。密度が低いとすぐにパイルが寝てしまうので高いものを選んで長持ちさせましょう。

使われる素材は主にポリエチレン・ポリプロピレン・ナイロンの3種類となります。一番ポピュラーなのがポリエチレンです。耐久力・耐摩耗性・柔軟性に優れているので長い間使用することが可能です。その分値段は少し高くなる傾向にあります。適度な耐久性と価格の安さならポリプロピレンです。ナイロンはどちらかといえば屋外に適して素材です。

色に関しては庭の雰囲気や好みでおすすめの色が変わってきます。メーカーによっては色むらを入れることでよりリアルな芝の感じを出しています。緑っぽいもの、枯れたものなどご家庭の好みに合わせて選んでください。価格が高くなればリアルな芝に近くなり反射も抑えられます。

あえて天然芝ではありえない色を選ぶことでおしゃれを演出する方法もあります。ホワイト・ブラック・レッドなどメーカーによって多種多様な色が出ているのでぜひ検討してみてください。

形状はジョイントタイプとロールタイプがあります。ジョイントタイプは四角形のタイルとなっており気軽に置くことができます。統一するほかにも一部色が違うものを入れてアクセントをつけてもいでしょう。ただし、継ぎ目が見えやすいので狭い場所に置くのが向いています。

ロールタイプは長いじゅうたんのような形状になっています。幅は1~2mと広いので一戸建ての広範囲の庭に敷くのがおすすめです。はさみで自由にカットできるのでお庭の形に合わせて敷きましょう。

製品を触れるときにチェックしたいポイント

人工芝はホームセンターやインターネットの販売店などから購入できます。実は販売しているメーカーの多くはサンプル請求に対応しているのです。メーカーの主力製品や売れ筋製品ならであれば高い確率で請求することが可能です。

サンプルは無料で請求できる場合と有料の場合があります。有料でお取り寄せサービスをしているメーカーも存在します。どちらが良いかは一概に言えません。無料だから品質が低いということはないので安心してください。有料のサンプルはたくさんあるので気になればどんどん請求してみましょう。請求してから1週間から数日で手元に届きます。設置を考えているならなるべく複数製品を比較しましょう。

比較するべきポイントはいくつかあります。まずは色の違いです。メーカーによっても色合いが異なってくるので全く同じということはあまりありません。同じ緑でも黄色みが入っていたりより深い緑になったりすることもあるでしょう。どちらがいいかは自分の理想に近い芝により異なってきます。置くだけでなく光を当てたときの色味も確認しましょう。製品によっては光の反射の寄り人工感が出てしまうからです。

設置したら触ったり踏んだりして感触の良さを確かめましょう。パイルの長さによって感触も違うのでしっかりとチェックしておきたいところです。自分に合った長さの芝を見つけましょう。

長さだけでなく芝の密度も大事なポイントです。密度は芝そのものの弾力性に大きな影響を及ぼします。密度が高いと弾力性も出るのでふかふかな芝を長く楽しみたい方は芝密度が高いものを選んでください。一般的には密度が高いものが高品質とされています。見た目に関しては形状や太さも忘れずにチェックしましょう。敷く場所に設置するとどうなるか想像することも大切です。

 

人工芝は安ければ100円などの値段で購入することも可能です。しかし、値段と品質は比例するので安ければ長持ちさせるのは難しいです。長く庭に敷いていきたいなら少しでも高くコストかけて製品探しをしてください。製品にはさまざまなタイプがあるので適当に買うとイメージにそぐわなかったケースになる可能性もあります。自分のイメージに合うか確かめるためにはぜひサンプルを取り寄せる方法が便利です。

現在、多くのメーカーが提供しているので無料・有料を問わずどんどん取り寄せてみましょう。実際に製品に触れてみれば理想も把握しやすいですし後で後悔する可能性が下がります。興味がある方はまずは無料のサンプル請求をしてみてもいいでしょう。

人工芝のおすすめ施工業者5選

商品画像
商品名日本人工芝計画芝人国分グリーンファームたかはし庭園ワイズヴェルデ
特徴安い価格で高品質、そして担当者が優しく誠実全国フランチャイズ網でどこでも高品質人工芝が工事可能な企業芝関連のさまざまなサービスを扱う埼玉の企業「変化」を大事にする庭作りのジェネラリスト海外生産工場から直接買取、自社施工の会社
詳細リンク詳細ページへ詳細ページへ詳細ページへ詳細ページへ詳細ページへ

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧